現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【かつての帝王】日産エルグランドはなぜアルファードになれなかったのか

ここから本文です
業界ニュース 2019.7.11
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 なぜ、ここまで大差がついてしまったのだろうか-----。

 2018年のトヨタアルファードの販売台数は年間5万8800台、ヴェルファイアは4万3130台。いっぽうの日産エルグランドは7313台と、大きな差が開いている。

    トヨタ 新型アルファード 2022年に向けついに始動!! ヴェルファイアとの統合は!?

 また、アルファードは2015年にモデルチェンジを行ったが、エルグランドは2010年登場のモデルのまますでに9年目に突入し、商品として、熟成を通り越して腐りかけている。なぜエルグランドはアルファードになれなかったのか、元自動車メーカーのエンジニアであった筆者がその理由について考察する。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン