現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 走りだけの評価ではダメ! 総合性能が進化したマツダ3の実力とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.25
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■待望のマツダ3試乗! ガソリン&ディーゼルの特徴は?

 日本では、2019年5月24日に発売開始された「マツダ3」。筆者(国沢光宏)は、すでに雪道でプロトタイプのマツダ3に試乗しているものの、当たり前ながら乗り心地や質感については評価出来ませんでした。

    ホンダPCXを女性目線で乗り比べ! ガソリン車とハイブリッドとEVの乗り味の違いとは?

 手応えとして解ったことを思い出すと、滑りやすい狭い雪道の林道をFFでガンガン走ってもコントローラブルだったことと、良く出来ていると感心しきりだった車体に対しエンジンが物足りない感じだったことです。

 今回は、市販モデル。オンロードだと果たしていかに。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tns*****|2019/06/25 12:15

    違反報告

    いつまでスカイアクティブいうてるつもりだw
  • tae*****|2019/06/25 12:27

    違反報告

    「素晴らしい!素晴らしい!」という試乗レポートばかり読まされていささか食傷気味でした。ようやくネガな記事が出たか。この世に完全車なんて無いもんね。ネガな部分をわかった上で買うんなら納得できる。買ってから「チキショー!」ってなったら嫌だもんな。
  • riv*****|2019/06/25 12:03

    違反報告

    試乗してきました。
    デザインも好きだし内装も上質、遮音も素晴らしい。8スピーカーの純正オーディオの音質にも驚いた。若干の突き上げ感はあるけど1.5リッターでも意外と走りも悪くない。
    ただ162センチと小柄な自分が運転席に収まると、シートリフターを上げてもインパネやサイドウインドウの位置が少し高く感じて車両感覚が掴みにくい。慣れるのかもしれないけど試乗ではちょっと戸惑った。

    マツダ3の質感の高さのせいで、その後に見に行ったカローラスポーツの内装が凄く安っぽく見えてしまったけど、視界の良さと車両感覚の掴みやすさはカローラスポーツの圧勝。走りは好みが分かれそうだけど、225/40R18であれだけしなやかに走るカローラスポーツも凄いと思った。
    「剛」のマツダ3、「靭」のカローラスポーツという感じ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン