現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ100万円以下の軽自動車激減? 小型車とのポジションが逆転した理由とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■軽自動車と普通車に起きている逆転現象とは

 一昔前まで、軽自動車といえば安く購入できる代わりに、普通車に比べて安全・快適装備が少なく近場での利用がメインなクルマでした。

    えっ、これが軽自動車の値段!? 200万円超もある高額軽自動車5選

 しかし、最近の軽自動車は普通車に引けを取らないほど装備・機能が充実し、軽自動車の価格も年々上昇傾向です。いまや200万円近いモデルも存在するため、普通車との差別化が難しくなっていますが、なぜ軽自動車は上級志向の市場に路線変更したのでしょうか。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • huk*****|2019/06/18 08:19

    違反報告

    日本の新車市場では「軽自動車」の人気が高まっています。

    ↑ではなく 軽自動車しか買えなくなってきているのでは
  • eva*****|2019/06/18 08:29

    違反報告

    日本の自動車メーカーが道路事情にそぐわない外国向け3ナンバーばかり投入して国内市場無視し続けているのも大きな一因だと思う。
  • kom*****|2019/06/18 07:53

    違反報告

    軽は高くなり、それを選ぶ人は自らの生命の値踏みを低く付けることに抵抗感が麻痺してる昨今。
    ワンボックス車がいわば「走るイナバ物置」ならば、軽は「走るヨドコウ米びつ」。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン