現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型「スカイライン」日産ブランドで復活? 新型車なく疲弊する販売店の起爆剤なるか

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.6

新型「スカイライン」日産ブランドで復活? 新型車なく疲弊する販売店の起爆剤なるか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■スカイラインは「インフィニティ」から「日産」に戻る?

 日産の「スカイライン」は、2017年で誕生60周年を迎えるロングライフモデルです。しかし、今の「スカイライン」についているエンブレムは、日産ではなく海外で展開する上級ブランドの「インフィニティ」になっています。

    走りが凄い! 三菱「エクリプス・クロス」ライバルより圧倒的な安定感

 13代目「スカイライン」(2013年登場)の際に、インフィニティエンブレムが付けられましたが、クルマ業界内では「今後、再び日産に戻るのではないか」という噂が出ているのです。なぜ、「スカイライン」は度々エンブレムが変わるのでしょうか。

 これまで、「スカイライン」は日産の主力車種として、「スカイライン」と「GT-R」を同じモデル(別グレード)として発売していましたが、2001年に「スカイライン」は単体のモデル(V35型)として日本市場に投入されます。

「スカイライン GT-R(R34型)」が継続販売されましたが、2002年8月に排ガス規制により生産終了したことで、「スカイライン」は特色のないセダンとなったのです。

 2007年12月には、「スカイラインGT-R(R34型)」の後継モデルとして「GT-R」が誕生。その間、「スカイラインシリーズ」は、2001年の11代目「スカイライン(V35型)」から2006年には12代目「スカイライン(V36型)」とフルモデルチェンジをおこないましたが、販売台数の面では芳しくありませんでした。

 これらのイメージを払拭するべく登場したのが、インフィニティのエンブレムを付けた13代目「スカイライン(V37型)」となり、先代モデルから150万円ほど価格帯を引き上げるなど、高級車としてのポジショニングを図ります。

 日産からインフィニティに変わった理由について、当時の日産は「スカイラインは、既存の日産車とは一線を画したプレミアムブランドとして位置づけるために、日産ブランドではなくインフィニティブランドのエンブレムを付けました」とコメントしていました。

 また、開発担当者は「現行スカイラインは、海外ではインフィニティのブランドで売られています。そこで日本仕様も、プレミアムブランドであることを表現するため、海外に合わせてインフィニティのエンブレムを装着しました」と説明しています。

 既存の日産車と一線を画すためにインフィニティのエンブレムを付けた「スカイライン」に、なぜいまになって「日産に戻る」という噂が出ているのでしょうか。

 日産の販売店スタッフは「これからエンブレムがどのように変わるのかは、現時点では分かりません。それでも日本で販売するスカイラインのフロントマスクに、海外と同じインフィニティのエンブレムが装着されるのは、個人的にはおかしいと思います。従来の日産に戻した方が良いでしょう」とコメントしています。

※ ※ ※

「スカイライン」は日産車の象徴というイメージや長きにわたる伝統を考えると、インフィニティのエンブレムは似合いません。仮に、インフィニティのエンブレムを装着するのであれば、車名も海外と同じインフィニティ「Q50」に変更しないと矛盾が生じます。

 そうしたなかで、最近の日産の動向を見ると、確かにスカイラインのエンブレムが日産に戻る可能性が高いように思えます。

 カルロス・ゴーン元会長が逮捕された直後の2018年11月、日産の西川廣人社長は、従業員に対して「日本市場へ十分な投資をできなかったのは、意思決定のゆがみによるものだから、今後は正していきたい」という趣旨のコメントをしていると報道されています。

 日本市場へ十分な投資をするか、それとも海外中心かという選択は、市場戦略に基づきます。カルロス・ゴーン元会長の逮捕に至った犯罪とは関係ありません。つまり筋違いの話題ともいえますが、今後の日本市場へ十分な投資をおこなうことを示唆しているのは事実です。

■これからの日産、どうなる??

 日産の戦略が変わり、日本市場へ十分な投資を行うようになるのか、日産の関係者は次のように話します。

「カルロス・ゴーン元会長は、世界の市場を公平にとらえていました。近年では、日本で発売される日産の新型車は1年から2年に1車種程度でしたが、これは国内向けの商品開発を国内市場の規模や将来性から客観的に判断した結果です。

 この流れが、今後は少しずつ変わるように思います。日産の国内市場に対する取り組み方が消極的すぎるという批判は、お客様だけでなく販売店からも聞かれ、社内的にも課題のひとつになっていたからです。カルロス・ゴーン元会長が去ったことで、日産の国内市場に対する姿勢が積極的になる可能性はあるでしょう」

※ ※ ※

 このコメントにもある通り、変化が生じるとしても少しずつです。クルマの商品開発は、最短でも約2年、長ければ5年以上を要するからです。

 それでも2020年代に入ると、日産が発売する日本向けの商品が増え始めるかも知れません。この先駆けが、「スカイライン」のエンブレムをインフィニティから日産へ戻すことなのではないでしょうか。

 しかし、日産の国内市場へのテコ入れは、なるべく早くおこなう必要があります。国内の販売網が既に疲弊しているからです。

 今の日産の国内販売順位は、トヨタ、ホンダ、スズキ、ダイハツに次ぐ5位まで後退しました。しかも売れ筋車種は、軽自動車の「デイズ」&「ルークス」、「ノート」などで、e-POWER搭載車が多いとはいえ低価格化が進んでいます。

 これに伴って、国内の販売店舗数も減りました。2003年頃には約3100店舗ありましたが、2008年には2800店舗に減り、2019年は2100店舗に減少。

 16年前に比べると、1000店舗減っており、比率に換算すれば70%以下です。スカイラインは、2019年の秋にマイナーチェンジを実施して、進化した運転支援機能のプロパイロット2.0も搭載します。ここでエンブレムを元に戻すのかも知れませんが、さらなるテコ入れを必要としている車種も多いです。

 例えば、「ジューク」は売れ筋カテゴリーのコンパクトSUVでもあるため、フルモデルチェンジを待っているユーザーが大勢います。「キューブ」もフルモデルチェンジが理想ですが、せめてマイナーチェンジをおこなって緊急自動ブレーキを装着しただけでも、十分に歓迎され売れ行きも伸ばせるでしょう。

 また、「マーチ」も欧州で売られるスポーティな「マイクラ」に置き換えた方が、魅力的なクルマになるのではないでしょうか。

 日本国内で販売される日産車は、設計が全般的に古くなっているため、効果的なマイナーチェンジをおこなったほか、海外向けの車両を国内で発売するだけでも、ユーザーは大きなメリットを得られます。

 なるべく早く、「日本市場への投資」を正していくことが日産の生き残る道なのです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 渡辺陽一郎)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rea*****|2019/06/06 12:22

    違反報告

    日産はいまの日本でいちばん魅力ないメーカー。
    そしてそれにメーカー全く気付いてない。
  • y05*****|2019/06/06 12:18

    違反報告

    日産ディラーなんか、日本では見捨てられてるじゃん。こうしたのもゴーンと日産経営トップが、バカで国内ユーザーを見捨てた結果。その報いがきてるんだろー。現行日産社は、ろくなもんない。GTRしかユーザー受けする車なし。あとは旧式をだましだましマイナーチェンジして、あたかも新型に見せかけたクソ車ばっか。
  • mzm*****|2019/06/06 12:13

    違反報告

    R32の頃から車両価格が二倍以上あがってる
    デザインもフーガやシーマとの差別化も出来ていない
    どれも似たり寄ったりで400万円以上の価格では売れる要素がない
    そんな値段ではベンツ、BMW、アウディが買えます
    スカイラインより外車を買った方が所有感がある
    ティアナを廃止して300万円くらいで売ればフーガなどと被らない

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します