現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 衝撃のデビューからはや35年今なお古さを感じさせない魅力的スタイル『SUZUKI GSX1100S』#RIDE

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.24

衝撃のデビューからはや35年今なお古さを感じさせない魅力的スタイル『SUZUKI GSX1100S』#RIDE

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

35年前にデビューしたオートバイなんて、今や旧車として扱われてしまうのが普通だろう。
しかしカタナは、ハンス・ムートの手になる斬新で美しいスタイリングによって、今も色褪せることのない存在感を放ち続け、現在でも多くのファンを惹き付ける、時代を超えた名車と呼ぶにふさわしい1台だ。

普遍的な人気を誇る稀な存在
79年。ドイツの2輪専門誌「モトラッド」が、創刊号の巻頭特集としてデザインコンペを企画。

    峠道でこそ輝く!? 新型「KATANA」試乗インプレッション!

その話がスズキにも持ち込まれ、イタリアの工業デザイナー、ジョルジェット・ジュージアーロにデザインを依頼したGS850Gベースのカスタム車を出品する。

このとき、同じコンペに出品されていたドイツの新興デザイン工房「ターゲットデザイン」が手掛けたMVアグスタ750Sが、スズキの現地スタッフの目に留まり、GSX1100Eをベースにした次期主力モデルのデザインを依頼することになる。

デビューからおよそ35年。今もマニアの熱い視線を集めるGSX1100Sカタナ誕生のきっかけは、この雑誌企画だったのだ。

依頼から半年あまりでプロトタイプが完成し、80年の西ドイツ・ケルンショーに姿を現したGSX1100Sカタナ。

それまで見たこともない斬新なデザインと、抜き身の日本刀をイメージしたダイレクトなネーミンングとシルバーのカラーリングで、世界中に衝撃を与える。

ショー会場の人だかりを見て急遽アンケートを作成し、来場者に5段階評価を付けてもらったところ、1か5かの両極。

これはすなわち与えたインパクトの大きさの証明であり、市販化に自信を持ったという。

マフラーを2本出しに変更し、小さなスクリーンが装着されたカタナは、81年秋にデリバリーが開始されるや否や好調なセールスを記録し、世界中でカタナ旋風を巻き起こすのだった。

83年。6本スポークキャストホイールを採用し、バックスキン調のシート表皮を一般的なビニールレザーに変更したSD型にマイナーチェンジ。

続く84年にはレッド×シルバーにのSE型となり、そのまま86年まで生産が続けられる。

87年。ホイールを星型キャストに戻し、初期型とは異なるバックスキン調シートを採用したSAEが欧州向けに継続生産されるが、円高によってカタナの国内相場が下がったことでニーズが増加し、SAE型の多くが日本に逆輸入された。

また、日本の大手ディーラーの企画によるレッドフレームにレッドシートが特徴のSBEも限定生産された。

このSAEとSBEを最後に、スズキはカナタの生産ラインを撤収。それと前後するように日本で絶版車ブームが訪れ、「もう二度と造られない」カタナの人気が再燃する。

90年。スズキ創業70周年記念モデルとしてカタナを再生産。輸出車扱いだったが、事実上日本市場へ向けたモデルで、最初からシートベルトも装備されていた。

当初1000台限定だったが、完売後もタンク上の70周年記念ステッカーの無い仕様を継続生産。91年にはレッド×シルバーも追加された。

94年3月。ANDFを廃止し、オイルクーラーやリザーバータンク付きリアショック、デジタル点火、電動アシストクラッチなどを装備した「正規国内仕様」が発売される。

そして、2000年にファイナルエディションが1100台限定で登場。

フロントブレーキがφ300ディスク+4ピストンキャリパーに強化し、カラーリングも光輝感の強い専用のシルバーとするなど、全体に高級感をアップ。

大好評のうちに即刻完売となった。

衝撃のデビューから35年。基本、デザインだけでここまで人気を維持して来た、世界的にも希有なバイクと言っていいだろう。

[ アルバムはオリジナルサイトでご覧ください ]

発売当時の記事
関連記事

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ webオートバイ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hig*****|2019/05/24 06:11

    違反報告

    タイトルにある「古さを感じさせない」には賛同できないな。
    古さは感じるでしょ。 ただ、それも含めて好きですよ。
    カタナに対して「古さを感じさせない」なんていう謳い文句は初めて聞いたけど、本当に、わかってる人が書いた記事なんでしょうか。
    ちなみに、3型カタナに乗っています。
  • lun*****|2019/05/24 06:57

    違反報告

    レアモデルの1000Sも忘れないでね。
  • vzb*****|2019/05/24 07:42

    違反報告

    昔乗ってました。刀の前にFZR1000に乗ってたから、そのつもりで全開したら180㌔位でフレームのよじれ感じ、怖くなった覚えある(笑)ま~そんなに飛ばすバイクじゃないんだけど(笑)色んな意味でいいバイクだったわ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します