現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 実用性とスポーツ性能の両立!エンジニア悲願の夢を叶えたホンダVTECとは

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.22
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成元年の幕開けを飾った可変バルブエンジン

 ホンダにはたくさんの傑作エンジンがあるが、名機中の名機といえるのは、1989年に2代目インテグラに搭載されたB16A型。このエンジンは、ホンダ独自の可変バルブタイミング・リフト機構=VTEC(Variable valve Timing and lift Electronic Control system)を採用した最初のエンジンだ。

    後輪駆動に負けない実力! 走りが楽しいじゃじゃ馬スポーツFF車5選

 レシプロエンジンの出力特性というのはカムのプロフィール(バルブのリフト量と作用角、オーバーラップ)で決まるもの。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン