現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ポルシェ タイカンの日本導入に向けて大きな前進、専用の急速充電器を設置へ

ここから本文です
業界ニュース 2019.4.16

ポルシェ タイカンの日本導入に向けて大きな前進、専用の急速充電器を設置へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年9月のIAA(通称フランクフルト国際モーターショー)でワールドプレミアが予定されているポルシェ初のフルEV「タイカン」。日本へは2020年に導入される予定だが、そこに向けて大きな一歩を踏み出した。

ポルシェ初のフル電動スポーツカー「タイカン」は、4ドア、4セパレートシート、最高出力400kW(600ps)、0→100km/h加速3.5秒以下、最大航続距離500km以上(NEDC準拠)というパフォーマンスを持つ。

    平成スポーツカー図鑑10「スバル アルシオーネSVX」

ワールドプレミアは2019年9月のIAA、そして日本へは2020年中に導入されることになるが、2019年3月の時点でグローバルで2万人以上の人が、タイカンの購入希望者リストに登録されているという。またこのタイカンには、派生モデルのクロスツーリスモの導入も2020年に予定されている。

ポルシェの電動自動車専用となる150kW超の急速充電器を開発
しかし日本では、充電インフラという課題が残っている。従来の急速充電器CHAdeMOの出力は50kWで、それでタイカンを充電するとかなり時間がかかってしまうからだ。そうしたことへの解決策のひとつとして、ポルシェジャパンはABB社と業務提携し、全国のポルシェセンターと公共施設へ、ポルシェ電気自動車専用のABB製の急速充電器を設置すると発表した。この提携によりポルシェジャパンとABB社はタイカンの日本導入に合わせ2020年半ばまでに150kWを超える急速充電を可能とする次世代のCHAdeMOを展開する。

ちなみにABB社は、CHAdeMOおよびCCS(コンボ)の充電規格協会の創設メンバーのひとつで、2010年に最初のDC急速充電器、2012年に最初の全国DC充電ネットワーク、2016年にヨーロッパで最初の電気バス(eバス)充電ネットワークを立ち上げたEVインフラ会社である。現在は、73カ国に1万500台のABB製DC急速充電器が設置されている。

またABB社は、2018年よりFIAフォミュラEのタイトルスポンサーとしてシリーズをサポートしている。そしてポルシェも、2019年12月からスタートするフォーミュラEシーズン6へワークスチームとして2台体制で参戦するため、現在マシンを開発中なのである。

現在ポルシェでは、2025年までに販売台数の半分を電気駆動モデルまたは部分的に電動駆動のPHEV(プラグインハイブリッド)モデルとするプロジェクトが進行中だ。日本でもポルシェジャパンとABB社とのパートナーシップにより世界最高レベルの急速充電器およびネットワークをポルシェユーザーに提供できるというメリットはとても大きい。ポルシェの電動化戦略の実現に向け、今回のABB社との業務提携は、大きな前進だと言えるだろう。

ポルシェのフル電気自動車。堂々と「スポーツカー」を謳うそれは、どのようなクルマなのか。私たちにどのような世界を見せてくれるのだろうか。そしてそこにポルシェらしさは感じられるのか。試乗できる日が、今から楽しみでならない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン 千葉知充(Motor Magazine編集部))

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します