現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > VWグループが中韓のバッテリーメーカーとEV生産を加速、今後10年間で2200万台のEVを販売

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.14

VWグループが中韓のバッテリーメーカーとEV生産を加速、今後10年間で2200万台のEVを販売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■バッテリーサプライヤーにはLG化学、SKイノベーション、サムスン、CALTを選定

フォルクスワーゲン・グループが「2028年までに約70車種のEVを発売、今後10年間で2200万台ものEVを販売」、「グループの販売台数におけるEVの割合を2030年までに40%以上に増やす」という電動化モビリティの目標を発表しました。クルマの電動化というというとハイブリッドが主流という見方もありますが、フォルクスワーゲンはゼロ・エミッションであるEVを主役に推し進める方針と読み取れます。

    世界的な電動化の波 日本におけるEV車の充電方法や今後の課題とは

さて、EVにおける重要かつ主要な部品はバッテリーです。その安定供給が大量生産には必須ですが、フォルクスワーゲン・グループはLG化学、SKイノベーション、サムスン(以上、韓国系)、CALT(中国系)という中韓のバッテリーサプライヤーと手を結び、電動化に対するサプライチェーンの整備を進めるといいます。また、サプライチェーンを含めたCO2ニュートラル化も推し進めることを発表しました。走行中のゼロ・エミッションだけでなく、生産廃棄まで含めたライフサイクル全体でのCO2削減にも力を入れていくことで、気候変動を防止する役割を果たそうというわけです。自動車業界のトップを走るフォルクスワーゲン・グループだからこその危機感、義務感といえるでしょう。

具体的には、2025年では2015年と比較して、ライフサイクル全体でのCO2排出量を30%削減することを目標に掲げています。すでにいくつかの工場ではCO2ニュートラルを実現しているということですが、スチールやアルミの生産工程にまで関わり、できるだけCO2排出量を減らす工夫をしていくということです。さらに2050年までには、フォルクスワーゲン・グループとして完全に脱炭素化するという大きな目標も掲げています。

すでにフォルクスワーゲン・グループとしては、アウディ「e-tron(e-トロン)」やポ ルシェ「Taycan(タイカン)」といったプレミアムEVも展開していますが、さらに、フォルクスワーゲンのEVブランドである「ID.(アイディ.)」のラインナップが市販開始となることで同グループにおけるEVのセールスは加速することでしょう。

将来的には全個体電池の採用も視野に入れているというフォルクスワーゲン・グループ。すでにアメリカ QuantumScape社と提携して車載用の開発を進めていますが、そうした新しい安全で高密度なバッテリーが量産可能となれば、目標以上のスピードでクルマの本流はEVになっていくかもしれません。

文:山本晋也
自動車コミュニケータ・コラムニスト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します