現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型BMW3シリーズの「320i」 いまが買いの2つの理由 日本専用エンジンと価格

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.14

新型BMW3シリーズの「320i」 いまが買いの2つの理由 日本専用エンジンと価格

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dセグのスポーツセダンの代表選手であるBMW3シリーズ。日本でもこの春、先代「F30型」から「G20型」へフルモデルチェンジを果たした。BMW3シリーズといえば、「320」だ。新型BMWで320iを選ぶ理由を考えてみた。

 BMWの3シリーズといえば、「320」だ。かつては、2.0ℓガソリンエンジンとえいば、かつては直列6気筒エンジンを搭載していたが、いまは直列4気筒DOHCターボエンジンだ。
 とはいえ、いまも昔もBMW3シリーズのメイングレードは「320」である。
 ただし、320には、「i」と「d」がある。iはガソリン、dはディーゼルエンジンである。最近は、320に限って言えば、iよりもdの方が販売台数が多いという(ほかのグレードも入れると、もちろんガソリンエンジン搭載グレードの方が多いが)。

    東急電鉄と首都高グループ:3D点群データと高精度カメラを活用した空港保守管理業務の省力化システムを共同開発


 新型3シリーズの現在のラインアップは次の通りだ。
 320i:523万円
 320iMスポーツ:583万円
 330iMスポーツ:632万円

 320i Mスポーツは、先代(F30型)から価格を据えおいている。
 まず、新型BMW 3シリーズで320iを選ぶ理由は、このコストパフォーマンスの高さだ。先代で320iより320dが売れたわけでは、ガソリンとディーゼルの価格差が小さかったからだ。


320iと320dの価格差はF30型(先代)モデルだと
320iスポーツ(8AT):560万円
320dスポーツ(8AT):585万円

で25万円ディーゼルが高い。
 燃費の良さ、燃料代の安さ、トルキーな走りで、25万円のエクストラマネーを払っても、5年乗ることを考えれば、元がとれる。


となれば、新型もiよりdを選ぶべき、となるはずだが、今回はおそらくそうはならない。先代では25万円だった価格差が、新型ではもっと大きなると予想できる。2.0ℓ直4ディーゼルエンジンは、B47型で型式は同じだが、新型では、規制対応で尿素SCRシステムを積む。また、ターボも新型ではシーケンシャルツインになっている。つまり新型のディーゼルエンジンは、非常に高価なのだ。

 そして、今後登場する新型の320dは、xDriveモデルだけになる。
 今後、登場予定のBMW3シリーズは、
320d xDrive
M340i sDrive
330e
 である。M340iは、3.0ℓ直列6気筒ターボを積むハイパフォーマンスグレード、330eは、PHEV(プラグインハイブリッド)モデルだ。そして320dは、今回はFRモデルの導入予定はなく、xDrive(AWD)のみになる。

 

FRとxDrive(AWD)の価格差は先代では
320i スポーツ:560万円
320i xDriveスポーツ:592万円
で32万円高

 となると、ガソリンの320iよりディーゼルの320d xDriveの価格は、60万円ほど高いと予想できる。この価格差を燃料代の差額で取り戻すのは至難の技だ。

 ということで、新型BMW3シリーズは320iがいい、という結論になる。


 このB48型をもう少し詳しく見てみると

 B48B20A:137kW程度(通常出力版)
 B48B20B:188kW程度(高出力版)
 B48B20C:135kW(中国市場・通常出力版)
 B48B20D:185kW(中国市場・高出力版)

 今回のG20型320i先行型はB20Bの型式が振られている。つまり、高出力版をベースにしているということだ。本来は、258ps(190kW)の出力を出せるポテンシャルがあるB20B型を、過給圧を下げるなどして出力をむりやり下げたものということだ。


 次はシリンダーヘッド部品番号を調べてみる。
 B20A:11 12 8 631 742(11 12 8 482 778もあり)
 B20B:11 12 8 631 742(11 12 8 482 778もあり)
 B20C:11 12 8 482 778
 B20D:11 12 8 428 778
 基本的にすべて同じもののようだ。


 エキマニ一体型+ツインスクロールターボの部品番号も、
 11 65 8 631 904(320i)
 11 65 8 631 904(330i)
 とまったく同じ。

 今夏登場予定のB48B20の次のアルファベットがAになるのか、別の文字が割り振られるか不明だが、そのエンジンは、シリンダーヘッド一体型のエキゾーストマニフォールドを採用するという。触媒の早期暖機のためだ。それがグローバルにも投入されるはずだ。つまり、日本市場向けも、新B48B20(グローバルスペックの320i向け)に切り換えられる時期が遠からず訪れるということ。
 もちろん、燃費志向といってもBMWのことだから、回して気持ちいいエンジンに仕上げてくるはず。でも、パフォーマンス志向の新型320iを手に入れられるのは、いまだけ、なのだというのも事実だ。

 新型320iと330iの燃費データを比較してみよう。
(JC08モード)
320i :15.2km/ℓ
330i :15.7km/ℓ

(WLTCモード)
320i :13.1km/ℓ
330i :13.2km/ℓ

 と出力/トルクともに上回る330iの方が良好な数値となっている。これは、エンジンのベースが330i向けになっているから。つまり、クランクシャフトなどの回転系部品などが330iの出力に合わせたものになっているため、320iだとモード燃費の数字が若干低くなってしまうのだ。

 BMWジャパンの担当者によれば、テストドライブでの新型330iの高速燃費は「20km/ℓを超えた」そうだ。モード燃費ではなく実用燃費は確実に向上している。320iも先代より燃費性能は向上しているはずだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部 鈴木慎一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します