現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ「CX-8」なぜ人気? ミニバンではなく3列シートSUVを作ったマツダの狙いとは

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.13

マツダ「CX-8」なぜ人気? ミニバンではなく3列シートSUVを作ったマツダの狙いとは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■デビューから約1年で3万台以上を販売したマツダ「CX-8」

 マツダの「CX-8」の販売が好調です。2018年の販売台数は3万679台。デビューが2017年12月ですから、デビューほぼ1年で3万台以上が売れたことになります。

    マツダが新型「アテンザ ワゴン」を世界初公開! 新エンジンの2.5ターボも採用

 車名別の販売ランキングからSUVを抜き出せば、トップがトヨタ「C-HR」(12位)で、以下にホンダ「ヴェゼル」(14位)、日産「エクストレイル」(20位)、トヨタ「ハリアー」(23位)、マツダ「CX-5」(27位)と来て、29位が「CX-8」となります。

「CX-8」は300万円を超えますから、その価格を考慮すれば大健闘です。実際に、LサイズのSUVという車格で言えばトップ。また、3列シートのSUVとしてもナンバーワンとなっています。

 では、なぜ「CX-8」が、それほど人気なのでしょうか。

■ボディサイズが大きくなるほど3列シートの人気も上がる

「CX-8」の最大の特徴は、「SUVなのに3列シート=多人数乗車」という部分です。では、ライバルの3列シートのSUVの売れ行きはどうなっているのでしょうか?

 まず、車格でズバリのライバルとなるのがホンダ「CR-V」です。ハイブリッドもありますが、3列シートはガソリン車のみということで、価格帯でも「CX-8」のライバルとなります。現行モデルは2018年8月に発売されましたが、新車発売から1か月の販売データを見ると、3列シート車はガソリン車のうち32%。それほど多いというわけではないようです。

 次にLサイズSUVの王者といえる存在がトヨタ「ランドクルーザー」でしょう。2018年は「ランドクルーザー」と「ランドクルーザープラド」の2モデル合計で約2万9000台も販売されています。

 車名別販売ランキングでは「CX-8」の2つ下の31位です。どちらも現行モデルのデビューが10年も前だというのに、新型車に肉薄する数が売れるというのは、恐ろしいほどの高い人気です。そして、こちらの2モデルの合計販売台数のうち3列シートが占める割合は、なんと64%にもなります。

「ランドクルーザープラド」でいえば、3列シートは2列シートの1.5倍、「ランドクルーザー」でいえば、3列シートが35倍。「ランドクルーザー」で売れているのは、ほとんどが3列シートということ。サイズが大きくなるほどに3列シートの人気が高いというわけです。

 ミドルクラスの人気SUVである日産「エクストレイル」には、2列シートと3列シートの両方が用意されています。2018年は車種全体で約5万台が販売されましたが、そのうち3列シート車は、約4000台。割合にすると、わずか8%ほどでした。

 また、三菱自動車の「アウトランダー」はガソリン車が3列シートで、PHEVが2列シートになります。シリーズ全体で2018年は約9000台が販売されましたが、3列シートのガソリン車は約25%程度。もちろん、ガソリン車とPHEVという違いはありますが、ミドルクラスになると3列シートの人気は、それほど高いというわけではないようです。

■2列シートの「CX-8」はなぜラインナップされていない?

 国内モデルの2列シートと3列シートの両方を販売するSUVのうち、3列シートの方がたくさん売れているのは「ランドクルーザー」だけでした。「SUVなのに多人数」という価値は、クルマが大きくなるほどに魅力的になるのでしょう。

「CX-8」は3列シート専用車ですから、クルマのサイズ感以上に3列目シートの居住性が良かったというのも人気の理由に違いありません。また、もしも「CX-8」に2列シート車があれば、もっと売れていたかもしれません。

 では、なぜ「CX-8」は、2列シートを出さなかったのでしょうか? その理由は、開発コンセプトに見つけることができます。

 マツダが用意した広報資料の冒頭には“「CX-8」は、「多人数乗車」と「デザイン」や「走り」を、マツダの国内最上位SUVに相応しいレベルで両立することに挑戦”との説明があります。

 つまり、「CX-8」は、最初から「多人数乗車」が狙いだったのです。“大きなSUVを作って、派生に3列シートを用意する”のではありません。“多人数のSUVを作る”のが目的です。

■多人数で乗れるだけでなく、走りやデザインにもこだわった

 また、マツダは「CX-8」のデビューにあわせて、これまであった多人数乗車モデルである「MPV」と「ビアンテ」をラインナップから落としました。マツダの開発メンバーに話を聞くと「ミニバンでは、マツダの目指す走りが実現できない」というのが理由とのこと。

 確かに「CX-8」は、マツダらしい走りの良さがあります。SUVですが“道なき道をゆくオフローダー”ではなく、“高速道路などを悠々と長距離走るグランドツアラー”的な走り味です。

 運転が楽しくて、いつまでも走り続けたくなるような気持ちになります。また、ルックスはマツダの他モデルと同様に「魂動デザイン」が採用され、アウトドアではなく、都会的な雰囲気が漂います。

 まとめてみれば、「CX-8」の魅力は「多人数乗車」だけでなく、「走り」「デザイン」も備わっているということ。まさにコンセプト通りです。

 3列シートだけで売れたわけではなく、他の要素も高いレベルで備わっていたからこそ売れた。それが「CX-8」の2018年の好成績の理由でしょう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 鈴木ケンイチ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bmw*****|2019/03/13 11:01

    違反報告

    今更ながら全てにおいて他社を凌駕してる。価格も納得できる価格。
  • ric*****|2019/03/13 11:29

    違反報告

    こちらでは、ほとんど見かけない。都会だけで売れているのか?
  • i_n*****|2019/03/13 11:56

    違反報告

    5枚目の写真はCX-5ですね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します