現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高級ミニバン初の電気自動車が登場! メルセデス・ベンツ「コンセプトEQV」世界初公開

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.9

高級ミニバン初の電気自動車が登場! メルセデス・ベンツ「コンセプトEQV」世界初公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■初の高級ミニバンEV「コンセプトEQV」は400キロ走行できる

 メルセデス・ベンツは、2019年3月5日から開催されているジュネーブモーターショー2019で、「コンセプトEQV」を含む5台の新型モデルを世界初公開しました。

    メルセデス・ベンツ6車種を世界初公開 新型CLAシューティングブレークやEVなど多様なモデルを展開

「Vクラス」をベースとした100%電気自動車の「コンセプトEQV」は、優れたパフォーマンスと機能性、美しいデザインを兼ね備えています。なお、高級ミニバンの電気自動車は世界初とのことです。

 快適な空間が広がる室内で、座席のレイアウトは6人/7人/8人乗りに対応することが可能です。ターゲット層は家族やスポーツを楽しむ人などとする一方で、VIPカーとしての利用も期待できるといいます。

「コンセプトEQV」の航続距離は400キロで、15分の急速充電で100キロ走行することができます。

 なお、2019年秋に開催されるフランクフルトモーターショーでは、この「コンセプトEQV」をベースとした市販モデルがお披露目される予定とのことです。

 さらに、新型「CLAシューティングブレーク」にも注目が集まります。外観は、クーペスタイルと力強いデザインが融合した美しいフォルムとするとともに、広い荷室を装備することで実用性も追求しました。

 最高出力225馬力、最大トルク350Nmの4気筒ガソリンエンジンに、7速デュアルクラッチトランスミッション(7G-DCT)を組み合わせた前輪駆動モデルですが、2019年9月の発売時には、MT車やディーゼルモデル、四輪駆動もラインナップに加わるということです。

 また、メルセデス・ベンツの対話型インフォテイメントシステムMBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザーエクスペリエンス)が搭載されるとともに、Sクラス並みの安全性能も備えています。

 このほかには、フェイスリフトした「GLC」や「AMG GLE53 4MATIC+」、「AMG GT R ロードスター」も初公開されました。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します