現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.4

燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 燃費よりも走りを重視した潔いモデルが登場

 クルマのエンジンというのは、早い話、吸入空気量が多ければ多いほどパワーが出る。大排気量車やターボ車がパワフルなのも、その理屈があるため。吸入空気量が多いということは、それに見合ったガソリンが必要になるので、ハイパワーと燃費は通常トレードオフの関係がある。

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

 猫も杓子も、エコ、エコと燃費を気にする今と違って、ひと昔前のハイパワー車が好きな走り屋たちは、「パワーがあれば燃費上等」、「ハイパワー車に乗っているヤツが、燃費を気にしていたら男が廃る」と豪語するツワモノたちがけっこういた(半分、やせ我慢も入っていたが)。

 そんな時代の、燃料計の動きが目視で確認できるほど(!?)、大ガス喰いの国産スポーツを何台か振り返ってみよう。

 1)マツダRX-7(FD3S型)

 燃費が悪いスポーツカーとして真っ先に頭に浮かぶのは、RX-7(FD3S)。FD3Sの実燃費は4~6km/Lというレベルだ。

 燃費が悪いのは、ロータリーエンジンの宿命といっていい。というのも、混合気に着火をすると、火炎は着火点を中心に球状に広がろうとする。したがって、燃焼室は球体に近ければ近いほど燃焼効率がいい(レシプロエンジンのペントルーフ型)。

 しかし、ロータリーエンジンの燃焼室は、平べったく縦長で、燃焼室の隅の方まで火が行きわたりにくい。そこで点火プラグを2本にしてなるべく燃焼を良くしようとしているが、混合気を完全に燃やすのは難しい……。そのため、どうしても燃費は犠牲になっている。

 マツダにもう一台、恐怖のリッター3km/L台(実燃費)のユーノス・コスモ(3ローター+ターボの20Bエンジン)もあるが、あれはスポーツカーとは言い難いので、ランク外扱いに。余談だが、NA(自然吸気)のロータリーを積んだRX-8も実燃費は7km/L前後だった。

 2)スバル・インプレッサWRX STI、WRX STI

 2リッターターボのハイパワー4WDで一時代を築いたインプレッサWRX STI、WRX STIも燃費をウィークポイントとするクルマ。

 インプレッサWRX STI、WRX STIの心臓部、EJ20型エンジンはボア(内径)92.0mm、ストローク(行程)75.0mm、ボアストローク比0.81の、典型的なショートストローク型=高回転型エンジンなので、基本的には回してナンボ。つまり燃費は期待できないというわけで、実燃費は8km/Lぐらい。

 3)日産スカイラインGT-R(R32型・R33型・R34型)

 第二世代GT-Rの象徴ともいえる、RB26DETTエンジン。このエンジンで考えられていたのは、パワーと耐久性で、燃費は二の次、三の次。

 ボア(内径)86.0mm、ストローク(行程)73.7mm、ボアストローク比0.86のショートストロークの高回転型エンジン。レッドゾーンは8000rpmで、全開まで回すと、1本444cc/minのインジェクター×6本が、勢いよくガソリンを噴射するので、燃費なんていいわけがない。街中の実燃費は、じつに5~6km/Lといったところ。

 ターボ車の場合、ノッキングを防ぐために、わざと混合気が濃くなるように多目のガソリンを噴射して、ガソリンが気化する際の潜熱(気化潜熱)で燃焼室を冷やす、いわゆる“ガソリン冷却”も利用していたので、高負荷・高回転になればなるほど、燃費が悪化するのは避けられなかった。

 意外なライトウエイトオープンカーも悪燃費

 4)トヨタ・スープラ(A80型)

 次期スープラ=GRスープラが発表されて話題になっているスープラ。3リッターツインターボの2JZエンジンは、GT-RのRB26より排気量は400ccも大きいが、その分(?)レッドゾーンが1000回転低いので、GT-Rよりは燃費が良かった。それでも実燃費は8km/Lちょっと……。

 ちなみに2JZエンジンは、ボア(内径)86.0mm、ストローク(行程)86.0mm、ボアストローク比1.00、つまりボアとストロークが一緒のスクエア型エンジン。

 ショートストロークの高回転型と、ロングストロークのトルク型の両方の性格をいいとこどりした(?)、トヨタらしいエンジンだった(同じトヨタの3S-Gもスクエア型エンジン)。

 5)マツダ・ロードスター

 意外に思うかもしれないが、日本が世界に誇るライトウエイトオープンカー、ロードスターも燃費はイマイチ。とくに初代のNAとNBは、普段乗りで、ギリギリ10km/Lに届かないパターン。

 NAとNBには、1600ccのB6エンジンと、1800ccのBPエンジンが積まれていたが、いずれもDOHCのスポーツエンジンとしては非力な部類。

 初代のNA6型でいえば、車重は940kgと軽く、軽快な走りに魅了されたわけだが、エンジン自体はファミリアからの流用で、120馬力……。つまりリッター75馬力。

 NA同じ平成元年に登場した、ホンダのシビックSiR(EF)は、VTEC付きのB16A型で、1600ccでリッター100馬力=160馬力を達成。燃費もロードスターより断然よかったし、少し古いトヨタのAE86(レビン・トレノ、エンジンは1600ccの4A-G)だって、10km/Lはクリアしていた。

 ちなみに、B6型エンジンはボア(内径)78.0mm、ストローク(行程)83.6mm、ボアストローク比1.07のロングストロークのトルク型エンジン。こうしたスペックで、パワーも燃費ももうひとつということは、燃焼効率とフリクションロスに難があったということになる……。

 番外編

 インプレッサのライバルだった、ランエボの4G63型エンジンは、スバルのEJ20と好対照。4G63のボア(内径)は85.0mm、ストロークは(行程)88.0mmだったので、ボアストローク比1.03のロングストローク型=トルク型のエンジンになる。燃費もちょっと有利で、9~10km/Lぐらいは走ってくれた。

 燃費が悪いクルマといえば、アメ車というイメージがあるが、アメ車のスポーツカーの燃費がどれくらいかというと、ダッジ・バイパー(7.9リットルV型10気筒OHV 450馬力)で4~6km/L。また、アメリカンマッスルといえば、やっぱりV8エンジンだが、フォード・マスタングGT 5.0 V8でも、6~7km/Lも走り、イメージに反して、いまのアメ車の燃費はけっこう悪くない。

 その代わり(?)、あの名車、ACコブラは、2km/L以下だったりする。

 そして米国EPA(環境保護局)の「燃費ガイド」で、市街地3.4km/L、高速5.53km/Lと紹介され、4年連続ワースト1位(2007~2010年)になったのは、ランボルギーニ・ムルシエラゴというのも有名な話だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 藤田竜太)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zoo*****|2019/03/04 14:59

    違反報告

    ロードスターは走らせ方でだいぶ変わる。
    ワインディングでタコメーター使って走れば悪化するが、街中を6速使って普通にエコ運転すれば12km/lは走ります。
    タンクが45lくらいだから給油頻度は多いけどね。
  • kyo*****|2019/03/04 12:59

    違反報告

    「意外なライトウエイトオープンカーも悪燃費」
    のすぐ下に
    「4)トヨタ・スープラ(A80型)」
    があるので???になってしまう。
  • ano*****|2019/03/04 19:13

    違反報告

    この種の車両に興味をお持ちの方なら既知であろう。いまさら記事にする必然性があるかね?disりたいのか?誰に読ませたいのか分からない。

    ちなみにNDはSKYACTIVなのでフリクションが小さく燃費も良い。ロードスターだけなぜ車名の横に型番を明記しないのか?たしかにB6・BPは雑な作りだがそのぶんメカチューンの効果は著しい。そういう意味ではクルマ好きの趣味として弄り甲斐がある。

    さらに付け加えると現在はホンダの自然吸気エンジンはカスだ。かつての高揚感はない。今ではマツダのほうが自然吸気に強いこだわりがある。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します