現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > F1の第2回プレシーズンテスト3日目、フェラーリとトロロッソがついに1分16秒台に突入【モータースポーツ】

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.1

F1の第2回プレシーズンテスト3日目、フェラーリとトロロッソがついに1分16秒台に突入【モータースポーツ】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月28日、2019年F1の第2回プレシーズンテストの3日目がスペイン・バルセロナのカタルニアサーキットで行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールが1分16秒231のトップタイムをマーク。トロロッソのアレクサンダー・アルボンも1分16秒台を記録した。

レッドブルのガスリーはクラッシュでテスト切り上げ
2019年F1オフィシャルプレシーズンテスト第2回も3日目。この日は全10チームの10人のドライバーがコースイン、フェラーリのシャルル・ルクレールが最もソフトなC5タイヤで1分16秒231のトップタイムををマークした。

    ゴールド免許のちょっと意外な取得条件。無事故・無違反の定義とはなにか?【くるま問答】

このタイムは昨年のスペインGPでルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が予選で記録した1分16秒173に迫る好タイム。それでもルクレールは「まだ全開ではない」とコメント。15秒台も見えてきた。

2番手タイムはトロロッソのアレクサンダー・アルボンの1分16秒882。現段階ではまだラップタイムは大きな意味を持たないとはいえ、初めてのF1ドライブとは思えないパフォーマンスに注目が集まっている。

アルボンは走行後、「多くの周回をこなすことができたので、ウインターテストにはとても満足しています。この冬の開発の成果が本当に分かるのはメルボルンまで待たなくてはなりませんが、少なくともこのテストでの成果については満足できるのではないでしょうか。今日も100周を越える周回を走ることができましたが、この結果はチームのハードワークとHondaの信頼性を証明していると思います。総合的にマシンの感触はよく、悪い意味での驚きになるような問題もありません」とコメントしている。

ホンダのもうひとつのチーム、レッドブルはピエール・ガスリーが走行を担当。クラッシュのため65周の走行に終わったが、4番手のタイムをマークした。

プレシーズンテストもあと1日。各チームはメルボルンの開幕戦に向けて最終調整に入る。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nkt*****|2019/03/01 13:56

    違反報告

    ブルボンのお菓子を食べながら、アルボンのタイムを見ているのが楽しかった。
    ガスリーには残念でなりません。
    クビアドやアルボンと途中交代とならないように頑張ってもらいたいですね。
    今日こそレッドブルのタイムが見れるか、楽しみですね。
  • i34*****|2019/03/01 15:59

    違反報告

    去年は下からタイム表を見ていたが
    今年は上から見ることになるとは…

    嬉しい限り

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します