現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 笹原右京がポルシェジャパンジュニアドライバーに決定【モータースポーツ】

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.27

笹原右京がポルシェジャパンジュニアドライバーに決定【モータースポーツ】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月27日、ポルシェジャパンとポルシェカレラカップ ジャパン (PCCJ)が2019年の「PCCJスカラシッププログラム」を発表、2019年のポルシェカレラカップ ジャパンへシリーズ参戦する笹原右京がポルシェジャパンジュニアドライバーとして起用されることになった。

ポルシェワークスドライバーへの道が見えてきた
「PCCJスカラシッププログラム」は2009年よりポルシェジャパンとポルシェカレラカップ ジャパン(PCCJ)が若手ドライバーの育成を目的に実施しているもので、2019年の最終選考は書類選考および面接を経て選ばれた3名のドライバーの間で行われた。

    ゴールド免許のちょっと意外な取得条件。無事故・無違反の定義とはなにか?【くるま問答】

富士スピードウェイで行われたその最終選考では、911 GT3 Cupでの実際のドライビング、PCCJドライビングアドバイザー影山 正美によるラップタイムとの比較、ドライバーとしての資質や環境、英語力などを総合的に審査。その結果、笹原右京がポルシェジャパンジュニアドライバーに決定した。

笹原右京は2003年にカートレースからレーシングドライバーとしてのキャリアをスタート。国内外のシリーズで多くのタイトルを獲得した後、2012年に渡欧し現地のカートレースで活躍。2013年からはフォーミュラルノーに参戦し、2015年にはフォーミュラルノーシリーズの2.0NECカテゴリーにてランキング3位に入り世界各国のレース関係者から大きな注目を集めた。

2016年からは再び日本国内に戦いの場を移し、鈴鹿サーキットレーシングスクールフォーミュラのスカラシップを獲得、2017年にはホンダフォーミュラドリームプロジェクトのドライバーとしてはFIA F4でシリーズ2位、2018年には全日本F3選手権でシリーズ3位の成績を収めている。

ジャパンジュニアドライバーに選ばれた笹原右京は「まずは今シーズンのPCCJチャンピオン獲得を目指します。そしてポルシェモータースポーツのオーディションを勝ち抜いて、ドイツでのポルシェジュニアドライバーになり、最終目標は日本人初のポルシェワークスドライバーに選抜されることです。この道を切り開いていくための努力は惜しまないつもりですので、応援をよろしくお願いします」とコメントしている。

笹原 右京(ささはら うきょう)
■生年月日:1996年4月24日(22歳)
■出身地 : 群馬県
■主なレース戦歴:
2018年 全日本F3選手権 (シリーズ3位) 
2017年 FIA F4 (シリーズ2位)
2015年 フォーミュラルノー2.0 NEC (シリーズ3位)
2014年 フォーミュラルノー2.0 NEC (シリーズ6位)
2013年 フォーミュラルノー2.0 ALPS

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します