現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新世代ボルボのセダンは想像以上にカッコいいぞ!──ボルボの新型S60、日本初お披露目

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.19

新世代ボルボのセダンは想像以上にカッコいいぞ!──ボルボの新型S60、日本初お披露目

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボ・カー・ジャパンが2019年に導入を予定している「S60」は、2018年秋から日本でも販売されているステーションワゴン「V60」のセダン版だ。報道陣に公開された実車(海外仕様)をみると、スポーティなルックスと居心地のよさそうな内装が特徴的だ。

S60は「メルセデス・ベンツ『Cクラス』、BMW『3シリーズ』、アウディ『A4』など競合が揃う輸入セダン市場に”もうひとつの選択”として投入する予定」と、ボルボ・カー・ジャパンの広報担当者が話す。

    雪の北海道でボルボの優しさに包まれる──ボルボ V90クロスカントリー北海道試乗記

全長4761mm、全幅1850mm、全高1431mmのボディは、Cクラス(全長4690mm)や新型3シリーズ(4645mm)より少し大きめだ。

デザインの特徴は、スポーティさだ。伝統的にドライバーズカーの条件といわれる4ライト(リアクオーターパネルにウィンドウをもたないスタイル)が採用されている。

さらに、寝かされたリアウィンドウによるクーペのような雰囲気は、従来からボルボが得意とするスタイリング手法だ。くわえて、車体側面のいわゆるショルダーが強く膨らんでおり、前後フェンダーの張り出しが強調されている。

「昨今のセダン市場はスポーティなモデルがより好まれる」と、新型3シリーズ導入時にBMWが話していたように、新型S60もトレンドを感じさせる。

報道陣向けに展示されたのは、S60のなかでもとりわけスポーティなグレードの「T8 ポールスター エンジニアード」だった。

ベースモデルのT8は、「ツインエンジン」と呼ぶPHV(プラグ・イン・ハイブリッド)だ。展示車は、EVやスポーティモデルを手がける「ポールスター」がチューニングを施した。ベースモデルに対し、システム総出力は405psから415psへ、最大トルクは640Nmから670Nmまで増強されている。

グリルまで真っ黒に塗装された展示車の足もとは、ブレンボのブレーキキャリパーが目立つ。インテリアもポールスター エンジニアードの象徴であるゴールドのシートベルトが目をひく。さらにオーリンズのダンパーや、調節式のストラットタワーバーなど、特別な装備も多い。

もちろん、より快適志向の強いグレードも存在するが、日本でのラインナップ構成は未定という。「個性あるプロダクトなので、日本のセダン市場にあって、ドイツ車のみならず日本車の潜在的ユーザーもとりこんでいきたい」と広報担当者は話す。また、「価格も充分魅力的な設定にしたい」とのことだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 小川フミオ)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します