現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【三菱自】ランエボの進化を辿る(その9)4G63ユニットにMIVECヘッドを搭載した最終進化モデル、ランサーエボリューションIX

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.19

【三菱自】ランエボの進化を辿る(その9)4G63ユニットにMIVECヘッドを搭載した最終進化モデル、ランサーエボリューションIX

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランエボと言えば三菱自動車の一番トガった部分を担ったクルマだ。当時としてはハイパワーなエンジンと、常に最新のフルタイム4WDシステムを搭載。見かけはセダンだが紛れもないスーパーカーだったランエボの歴史を振り返ってみたい。今回は、ランサーエボリューションIX。

MIVECターボを搭載し、現在もファンの多いランエボIX
2005年9月に発売されたランサーエボリューションIXは、ボディ自体はエボVIIから踏襲されてきたものを使用したが、動力性能は画期的な革新を図ったモデルといえるだろう。

    えっ! ナンバープレートに、アルファベットが入っているのはなぜ?【くるま問答】

エンジンの型式こそ初代エボリューションから変わらず4G63だったが、当時ミラージュに搭載されていた自然吸気 1.6Lの4G92エンジンに採用されていた、可変バルブタイミング機構のMIVECをランエボのパワーユニットにも採用したからだ。

これにより最高出力は280psと変わらないが、最大トルクは41.5kgmとなり、市販車としてはもちろん国内モータースポーツでは圧倒的な強さを発揮することとなる。
タービンブレードには軽量化によりレスポンスを高めるためにマグネシウム製を採用した。だが、タービンブレードの破損もあったため、アルミ製タービンへの変更が施された。

それでもなおMIVECターボを搭載したエボIXは国内モータースポーツではライバルを圧倒する速さを見せた。

センターデフに搭載されたACD(アクティブセンターデフ)の使い方を選手が習得したことで、各カテゴリーで圧倒的な速さを披露。その真価を存分に発揮することができるようになり、2019年の現在でも現役で活躍している。

ランサーエボリューションIX(2005年) 主要諸元
●全長×全幅×全高:4490×1770×1450mm
●ホイールベース:2625mm
●車重:1410(1320)・1300(GT)kg
●エンジン型式・種類:4G63インタークーラーターボ・DOHC[16V]直列4気筒
●排気量:1997cc
●最高出力:280ps/6500rpm
●最大トルク:40.8(41.5)・41.5(GT5速仕様)kgm/3500rpm
※( )内はRS

2006年8月、エボIXはエボIX MRに進化して熟成される。これは4G63型エンジンを搭載する最後のランエボとなった。

ランサーエボリューションIX MR(2006年) 主要諸元
●全長×全幅×全高:4490×1770×1440(1450)mm
●ホイールベース:2625mm
●車重:1420(1320)kg
●エンジン型式・種類:4G63MIVECインタークーラーターボ・連続可変バルブタイミング付DOHC[16V]直列4気筒
●排気量:1997cc
●最高出力:280ps/6500rpm
●最大トルク:40.8(41.5)kgm/3000rpm
※( )内はRS

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン ホリデーオート編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します