現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アルファロメオ・ステルヴィオ、ジュリアが載せるディーゼルを考察する

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.18

アルファロメオ・ステルヴィオ、ジュリアが載せるディーゼルを考察する

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ Fiat Pratola Serra series 2.2 D:55284529シリンダー配列 直列4気筒排気量 2143cc内径×行程 83.0mm×99.0mm圧縮比 15.5最高出力 154kW/3500rpm最大トルク 470Nm/1750rpm給気方式 ターボチャージャーカム配置 DOHCブロック材 アルミ合金吸気弁/排気弁数 2/2バルブ駆動方式 ロッカーアーム燃料噴射方式 DIVVT/VVL ×/×

 2月18日にFCAジャパンが発表したアルファロメオ・ステルヴィオ/ジュリアのディーゼル仕様に搭載されるエンジン。イタリアのプラトーラ・セッラで生産されることからPratola Serra Modular engine(PS)と呼称されている。モジュラーの文字から想像されるように、近年流行のガソリン/ディーゼル共通設計思想で仕立てられるエンジンシリーズである。

    メルセデス・ベンツCクラスの2.0ℓエンジン ダイムラーM264の「CONICSHAPE」とは何か──安藤眞の『テクノロジーのすべて』第12弾

 始祖は1994年に登場したランチア・カッパに搭載された2.0ℓガソリン(自然吸気)/2.5ℓガソリン(自然吸気)/2.4ℓディーゼルのラインアップ。なんといずれもが直列5気筒であった。その後、ガソリン1.4、1.6、1.75、2.0、2.5ℓ/ディーゼル1.6、1.9、2.0、2.2、2.4ℓと猛烈な勢いでファミリーを増やし、現在に至っている。

 本稿の2143ccディーゼルターボの特色として、アルミブロックであることが挙げられる。というのはPSエンジンは基本を鋳鉄ブロックとしていて、アルミキャストブロックを用いているのはこの2143ccディーゼルと1742ccガソリンのみである。低圧鋳造を用いたライナ鋳込構造で単体重量は27kg、ボアピッチは90mm(PSファミリー共通値だと思われる)。ベッドプレート構造のロワブロックで、クランクシャフトを強固に抑え込んでいる。幾何学的圧縮比は15.5と、近年の欧州ディーゼルとしては低めの値とした。
 ややこしいことに2184ccディーゼルというエンジンも存在していて、こちらは鋳鉄ブロック。同じグループであるジープに搭載されている。



 燃料噴射はもちろんコモンレールシステムを採用、ボッシュのCRI 2.0型でソレノイドインジェクタ、最大噴射圧は200MPa、8回噴射/サイクルという制御を用いる。
 ターボチャージャーはVGベーンを用いる可変容量型で、ユニークなのは過給効率を高めるために「ターボRPM」なる制御を用いていること。レスポンシブ・パフォーマンス・マネジメントの接頭語で、ターボスピードセンサなどを盛り込んだとリリースにはあるので、なんらかの手段でタービン/コンプレッサホイールの回転数を把握しながら過給を緻密にコントロールしているものと思われる。ホイール軸にボールベアリングを採用しているのもユニークだ。
 後処理装置は2段構えの尿素SCR式でNOx処理、当然DPFや酸化触媒も備えてポスト新長期規制をクリアしている。

 ステルヴィオには154kW/470Nm仕様を、ジュリアには140kW/450Nm仕様を用意する。なお、後者のエンジンコードは46335975。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します