現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 右も左も同じクルマ! 石を投げれば当たるほど売れまくったホンダ車7選

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.18

右も左も同じクルマ! 石を投げれば当たるほど売れまくったホンダ車7選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 庶民に新車でクルマを買うという夢を叶えたモデルも!

 クルマが売れまくったマイカー時代を始め、つい最近までマイカーを持つのが当たり前だった時代。売れまくったヒットグルマはたくさんあったが、今回はトヨタ編、日産編に続いて、ホンダ編を見てみよう。

    隣近所は皆同じ! 石を投げれば当たるほど売れまくったトヨタ車7選

 1) N360

 マイカー時代到来といっても、1960年代から1970年代にかけては新車を買うなんて夢のまた夢だった。庶民は中古を月賦で買うしかなく、軽自動車も人気だった。そのなかで、ライバルも安い衝撃価格で登場したのがN360で、後継車となるライフ、そして派生のZなど、よく見かけた。ただ、本田宗一郎自身が「軽自動車には耐久性は不要」という考え方だっただけに、ときが経つと見かける台数も少なくなっていった。

 2)初代シビック

 今で言うところのコンパクトカーブームだろうか。欧州発のFF2ボックスブームが日本にも到来。そこで出てきたのが初代シビックで、マイカー需要と相まってヒットした。友達の家のクルマはシビックというパターンも多かった。

 3)初代シティ

 デザインはもちろん、マッドネスを使ったCMなどインパクトは超大だっただけにヒット。若者の足としても大人気だった。2代目となると人気は降下してしまったのは残念だが、ホンダの特徴として人気尻すぼみというのもあるような気がする。

 4)ステップバン

 こちらもライフファミリーだが、サーファーに大人気だった。丘サーファーにも愛され、局地的ながら、行くところに行くとよく見たものだ。あとは酒屋さんが使っているのも多かった。

 女子大生ブーム到来により男性がこぞって乗ったデートカーも!

 5)プレリュード

 バブルの女子大生ブームなどを受けて登場したのがデートカーブーム。その代表格が日産のS13型シルビアであり、迎え撃ったのはホンダのプレリュードだった。こちらは1982年登場の2代目か、1987年登場の3代目となり、本当に街中あちこちで見かけた、石を投げたら当たるグルマだった。

 6)シビック

 3代目「ワンダーシビック」、4代目「グランドシビック」、5代目「スポーツシビック」あたりは、若者向けのハッチバックとして人気が高かった。みんなクルマを持っていたし、お安めの価格設定とはいえ、新車では買えず、大学生といえば30万円ぐらいの中古をバイトで買うというパターンが王道だった。

 7)初代オデッセイ

 1990年前半にステーションワゴンブームが起こり、その次にやってきたのがミニバンブーム。当初はミニバンなんていう概念はなく、乗用扱いのワンボックスにみんなで乗るというのが一般的だった。そこにアコードをベースとした乗用専用のオデッセイが登場したのだからヒットしないわけがなかった。低い車高もそれまでのワンボックスを見慣れた人々には新鮮だったが、単に生産ラインの限度に高さを合わせただけだった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 近藤暁史)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します