現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > NSXから芝刈り機までが金色に ホンダ、オーストラリアで50周年記念モデルを展開

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.15

NSXから芝刈り機までが金色に ホンダ、オーストラリアで50周年記念モデルを展開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダ・オーストラリアは2月1日、同国における創業50周年を記念する特別仕様の製品群を発表した。

広大な豪州の地でホンダ製品を販売すべく、ホンダ・オーストラリアが立ち上げられたのは1969年4月。それから50年、スーパーカーから芝刈り機まで原動機を積んだ様々なホンダ製品は現地で愛用されてきた。

    NSX改良モデル試乗 見た目はほとんど変わらないが中身は相当良くなった

今回、この半世紀の輝かしい歴史を祝福し、現行製品に特別モデルが設定される運びとなった。具体的には、ハイブリッド・スーパースポーツの「NSX」、高性能ハッチバック「シビック タイプR」、大型スポーツバイク「CBR1000RRファイアブレード」、中型エンデューロバイク「CRF450L」、キッズ向けオフロードバイク「CRF50F」、プレミアム芝刈り機「HRU19」、レジャー向け発電機「EU22i」の7製品。人々の生活に寄り添う幅広い製品が、まばゆいゴールド仕立てで登場する。

これらゴールドのコーティングは、ゴールドクロームとクリアサテンの特別なラッピングによるもので、ホンダとメルボルンに本拠を置く「ビニールラップ・アンド・グラフィクス」とのコラボで実現したもの。厚みのあるフィルムを、複雑な製品形状に合わせてラッピングするのは困難な作業だったとのことで、こうした手間暇かかる仕上げをスーパーカーのみならず、発電機や芝刈り機といった汎用製品にまで施したことは、「生活に楽しさを加える」というホンダのポリシーが貫かれていることを示している。

オーストラリアでホンダのバイクは郵便配達用としても著名で、今や国民生活になくてはならない存在。オフィシャルイメージを見ても、オーストラリアらしい雄大な景色にゴールドの各製品がしっくり馴染んでいる様子だ。今後も、確固たるポリシーを持ったホンダ製品が世界各地で活躍することに期待したい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します