現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.11

ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ノアヴォクの326万円に対しアルヴェルは337万円とほぼ同額

 ミドルサイズミニバンで人気の高いトヨタ・ヴォクシー&ノアの場合、最上級に位置するハイブリッドZS&ハイブリッドSiの価格は326万9160円だ。

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

 一方、Lサイズミニバンのトヨタ・アルファード&ヴェルファイアでは、価格のもっとも安い2.5リッターのノーマルエンジンを搭載するXが337万6080円になる。ほぼ同等の価格だから、どちらがトクなのかを考えたい。

 まず基本的な性能と機能は、アルファード&ヴェルファイアが勝る。Xはベーシックなグレードだが、内装の仕上げは丁寧で、3列目シートの頭上と足もとの空間も広い。乗り心地には重厚感が伴い、乗り比べるとヴォクシー&ノアとはクラスが違うことを実感させられる。

 逆にヴォクシー&ノアが優れるのは、メカニズムと装備だ。ハイブリッドシステムを搭載するから、アルファード&ヴェルファイアの2.5リッターノーマルエンジンに比べると、価格に換算して約40万円の優位性がある。

 ヴォクシー&ノアは装備も異なり、ハイブリッドZS&ハイブリッドSiにはエアロパーツを装着した。2列目シートはアルファード&ヴェルファイアがベンチタイプなのに対して、ヴォクシー&ノアは上級グレードだからセパレートタイプのキャプテンシートだ。

 今どき大切な安全装備はアルヴェルが充実する

 ただし装備は、この程度の違いに過ぎない。むしろ緊急自動ブレーキを作動できる安全装備と運転支援機能は、アルファード&ヴェルファイアが充実する。対象物を把握するセンサーが、ヴォクシー&ノアは赤外線と単眼カメラ、アルファード&ヴェルファイアはミリ波レーダーと単眼カメラになって設計も新しいからだ。後者は昼夜の歩行者と昼間の自転車に対応するなど性能を高めた。

 さらにアルファード&ヴェルファイアには、全車速追従型のクルーズコントロールが装着されてドライバーのペダル操作を軽減する。ヴォクシー&ノアにはこの運転支援機能が備わらない。

 これらの装備と、ヴォクシー&ノアのエアロパーツなどはちょうど吊り合いが取れるから、選択を分けるのは40万円に相当するヴォクシー&ノアのハイブリッドと、アルファード&ヴェルファイアの広い車内や乗り心地を含めた質感だ。

 一般的にいえば、アルファード&ヴェルファイアが買い得と判断される。ベーシックなXは法人需要も視野に入れ、機能や装備、質感の割に価格を安く抑えた。

 数年後の下取査定は、アルファード&ヴェルファイアXにはエアロパーツや上級装備が採用されず、地味なグレードだから若干不利になることも考えられる。

 しかしアルファード&ヴェルファイアは中古車輸出も活発で、日本国内でも人気の高い憧れのミニバンだ。ハイブリッドシステムとエアロパーツを兼ね備えたヴォクシー&ノアと比べて、数年後の売却時に大差を付けられる心配はない。

 JC08モード燃費はアルファード&ヴェルファイアが11.6km/L、ヴォクシー&ノアのハイブリッドは23.8km/Lだから燃料代は約半額で済むが、ユーザーの総合的な満足感が高いのはアルファード&ヴェルファイアだ。つまりXは、隠れた買い得グレードになっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 渡辺陽一郎)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します