現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いまどきのクルマ好きは使う言葉も新しい! クルマ通ぶれる自動車用語6選

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.8

いまどきのクルマ好きは使う言葉も新しい! クルマ通ぶれる自動車用語6選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現代の自動車技術ならではの用語を解説!

 業界だけで使われる言葉や、使うと通な感じがする言い回しがある。もちろんクルマにもだ。クルマ好きが減りつつある昨今では、使うだけでも浮いた感じがするかもしれないが、適材適所、上手に使うことで、本物のクルマ好き感が出せる言葉をあげてみよう。

    「エンコにノークラ」いつしか使われなくなった自動車用語8選

 1)IoT化

 IoTとはInternet of Thingsのことで、訳すとモノのインターネット。今までは人と人が通信したり、アクセスしていたのが、モノ同士がネットでつながるようになるというわけだ。クルマの場合は、家とクルマ、クラウドとクルマ。さらにクルマ同士の車車間通信などがこれからどんどんと実用化されていく。

 2)非接触充電

 充電はコネクターを差して行なうのは当然。それが置いておくだけで、接地面間で電気をやり取りできるようになる。というか、家電も含めてなってきている。クルマの場合もすでに可能になっているが、さらに信号で止まった際に路面から電気をもらうなんていうことも考えられる。

 3)自動運転 レベル0~5

 クルマに興味がない人でも気になる自動運転。でも、自動運転に対して、なんとなくのイメージしかない人が多いのもまた事実だ。レベル5まであって、今はレベル3で、なんとかレベル4に行けるかな、と簡単でいいのでレベルを語れるといいだろう。

 聞いたことはあっても説明するとなると難しい用語も……

 4)PHEV

 もちろんPHEVは知っている方は多いだろう。しかし、制御や性能となると、詳細に言える人はなかなかいないかも。また、一般の人はハイブリッドとの違いも明確でないので、根本的な仕組みを押さえておくのもいい。細かいところでは、エンジンがかかるタイミングやEV走行可能距離は車種によって大きく違う。そもそも国産ではトヨタのプリウス、三菱のアウトランダー、ホンダのクラリティしかないので、この3つをすらすら言えるだけでも、自慢できる。

 5)高張力鋼板

 クルマのボディに使われているのはすべて鉄板。実際、最近増えているのは高張力鋼板、さらには超高張力鋼板だ。張りが強い、鋼のような鉄板とでも説明すればわかりやすいだろう。さらに板金や溶接が難しいことや、パテも専用品を使わねばならず、今までよりも直すのが大変というのも知っていると、クルマをぶつけたと嘆く人に、有効なアドバイスができる。

 6)タイヤの空気抵抗

 最後はこちら。厳密に言うと用語ではないが、フレーズとして注目したい。超低粘度オイルやボディ形状など、さまざまなところで抵抗低減が図られているし、タイヤも転がり抵抗には目がいっている。しかし、意外に手つかずなのが、タイヤの空気抵抗。恐ろしい勢いで回転しているので、空気を乱したりするのだが、これを改善できればさらに省燃費に貢献できる。「タイヤって、空気抵抗大きいんだよね」なんていう使い方をすれば、周りも驚き!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 近藤暁史)

TOKYO AUTOSALON 2019

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します