現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 世界初!ドライバー視界部をクリアに保つ曇りにくいガラス(eXeview)がダイハツ“コペン クーペ”に採用

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.31

世界初!ドライバー視界部をクリアに保つ曇りにくいガラス(eXeview)がダイハツ“コペン クーペ”に採用

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGCの開発した曇りにくいガラス eXeview(エグゼビュー)が、ダイハツ工業の限定販売車“コペン クーペ”のフロントガラスに世界で初めて※1採用された。※1 ドライバー視界部での搭載。2018年12月現在、AGC調べ。

 ダイハツ工業の “コペン”は、「感動の走行性能」と「自分らしさを表現できるクルマ」を、骨格+樹脂外板構造で実現した軽自動車のオープンスポーツカーで、現在3種類の意匠で販売されている。今回発売する“コペン クーペ”は“コペン セロ”をベースに、CFRP製のハードルーフを装着した、本格クーペスタイルの限定販売車。

    東芝:電池事業およびビルソリューション事業の強化について

 “コペン クーペ”には車内外に特別な装備が盛り込まれており、その一つとしてAGCのeXeviewがフロントガラスに採用された。自動車ガラスに求められる高い耐久性能を確保したAGC独自の樹脂膜コート材が車内の水分を吸収し、フロントガラスの曇りを防止する。デフロスターの操作回数が低減し、ユーザーの利便性と実燃費の向上に貢献していく。また、AGC独自の樹脂膜コート材が車内の水分を吸収することで、結露による光の散乱を防ぎ、ドライバーの視界確保による走行安全性を向上する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します