現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ニュース】ジャガー Fペイス SVRが登場、同時にFペイス シリーズが2019年モデルへ進化

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.19

【ニュース】ジャガー Fペイス SVRが登場、同時にFペイス シリーズが2019年モデルへ進化

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月19日、ジャガーFペイスの2019年モデルが発表され、パフォーマンスモデル「SVR」が新たに追加されることが明らかになった。この2019年モデルは12月19日より正規販売ディーラーネットワークで受注を開始している。

Fペイス史上最もパワフルなハイパフォーマンスモデル、「SVR」誕生
ジャガーFペイスの2019年モデルで追加設定された「SVR」は、スペシャルビークルオペレーションズ(SVO)が開発を手がけたFペイス史上最もパワフルなハイパフォーマンスモデル。最高出力550ps、最大トルク680Nmを発揮する5L V型8気筒スーパーチャージドガソリンエンジンを搭載し、最高速度283km/h、0-100km/h加速は4.3秒を誇る。

    “日産 GT-R 50”、これがGT-Rの最終形なのだろうか!?

Fペイス SVRは、トラクションとダイナミクスを最適化するリアエレクトロニックアクティブディファレンシャル(EAD)を搭載し、「SVR」専用にトランスミッションやアダプティブ・ダイナミクスなどの駆動システムを最適化したほか、エアロダイナミクスや冷却性能、高速走行安定性を高める専用パーツを多数装備している。

注目の車両価格は1272万円と発表されている。

ラインナップを充実してFペイスは全14モデルに
「SVR」とともに発表されたジャガーFペイスの2019年モデルは、2種類の2L直列4気筒インジニウムガソリンエンジン(最高出力250psと300psの2仕様)に加え、3L V型6気筒スーパーチャージドガソリンエンジン(最高出力380ps)、5L V型8気筒スーパーチャージドガソリンエンジン(最高出力550ps)、2L 直列4気筒インジニウムディーゼルエンジン(最高出力180ps)の計5種類のパワーユニットを設定。全14機種をラインナップすることになった。

2019年モデルの主な変更点は、全グレードにスマートフォンと連動するコネクティビティ機能「リモートプレミアム」、「InControlアプリ」、「プロテクト」、「Wi-Fiホットスポット」、さらにレーンキープアシスト(LKA)も標準装備し、利便性と安全性を大幅に高めたこと。また、従来オプション装備であったスエードクロスヘッドライニングを全グレードに標準装備とするなど、インテリアのアップグレードも行われている。

ボディカラーは、フジホワイト、コリスグレー、インダスシルバー、フィレンツェレッド、サントリーニブラック、ロワールブルー、ユーロンホワイト、ナルヴィックブラック、カルパチアングレー、シージアムブルー、シリコンシルバー、ウルトラブルー(SVR専用)の全12色を設定。

ジャガーFペイス 2019年モデル全14機種のラインナップおよび価格は次のとおり。

[ アルバムはオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します