現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ♯2ヨコハマホットロッドカスタムショー。バイクとペイントヘルメットが並ぶ「HAVE FUN!!+SHOEI」ブースが気になるぞ

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.13

♯2ヨコハマホットロッドカスタムショー。バイクとペイントヘルメットが並ぶ「HAVE FUN!!+SHOEI」ブースが気になるぞ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨコハマホットロッドカスタムショー2018で、SHOEIがコラボしたのは「HAVE FUN」なるもの。なにやら展示スペースにはトラッカータイプのバイクとペイントヘルメットが多数展示されている。「HAVE FUN」って一体なんだ? TEXT●大家伝(OYA Den)

これもまたアメリカンでしょ!

    キャリーバッグじゃありません! 原付&普通自動車免許で乗れる、エストニア発の電動バイク『Stigo』が発売開始

 ヨコハマホットロッドカスタムショー2018の会場で、「HAVE FUN!!+SHOEI」という出展ブースがかなり注目を集めていた。SHOEIは言わずもがなヘルメットメーカーだ。ではHAVE FUNとは?

 HAVE FUN(ハブ・ファン)というのは、国内トップに位置するビルダー&ペインターらによるフラットトラック(ダートトラック)の新カテゴリーなんだそう。展示もされていた、オリジナルフレームに小排気量水平単気筒エンジンを搭載して作られたトラッカーカスタム群がまさにそれ。どれも個性的であるばかりか、独創的なフレームワークにさまざまなチャレンジが感じられ、グラフィックにも相当力の入ったスペシャルマシンが目をひく。しかも展示車両ごと、オリジナルペイントが施されたSHOEI・EX-ZEROの展示もされていた。

 SHOEIもFacebookを通じてこの取り組みについて報告。「カスタムビルダースペースでは、マシンに合わせたユニークなグラフィックが施された『EX-ZERO』も展示。多くの来場者の方々にご覧いただきました」としている。

 フラットトラックレースとは、アメリカでも人気のレースカテゴリーで、平らにならされたダートオーバルをフロントブレーキのないマシン(フラットトラッカー)で競うというもの。コース全長やレイアウトによって大きく4つに区分されているが、サイドバイサイドの超絶接近バトルをターンごとマシンのスライドと合わせて繰り広げるというシビれるレースである。コース全周を見渡せて、レースの展開をあますことなく見届けられるとあって、観客が熱狂するのも頷ける。
 つまりチョッパーを含むアメリカンバイクカスタムとは違っていても、じつにアメリカンな世界観で人気のカテゴリーだと言えるだろう。

 以下は当日のHAVE FUN展示車両とペインテッドEX-ZEROだが、小排気量マシンのほかにSRの単気筒エンジン搭載マシンなども展示されていた。


HAVE FUN展示マシン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します