現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル・インプレッサはなぜインプレッツァと読まないの?【SUBARU IMPREZA】

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.11

スバル・インプレッサはなぜインプレッツァと読まないの?【SUBARU IMPREZA】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルが誇る人気モデル「IMPREZA(インプレッサ)」。北米や豪州を中心に世界的な人気を誇っており、かつてはWRCでも大活躍を見せていた。そんな世界的な知名度を誇るインプレッサだが、ふと改めて車名をまじまじと見つめてみると、ひとつの疑問が湧く。「なぜインプレッサと読むのか?」と。

語源は英語のIMPRESA

    関東甲信越でも降雪予報。東京に雪が降ったら「ゆりかもめ」はどうなるのか?

 今さら素朴過ぎて他人に聴くに聞けない疑問だが、なぜIMPREZAはインプレッサと読むのか? インプレッツァ、もしくはインプレッザと読むのが日本人の一般的な感覚だろう。

 そこで車名の由来を調べてみると、盾などに刻まれている紋章を意味する「IMPRESA」なる英語からくる造語だという。なるほどそれであればインプレッサと読むだろう。しかし、だったらそのままIMPRESAにしておけばいいものを、なぜかスバルはIMPREZAとした。なんとなくZのほうがカッコイイから?

 それはともかく、そうなるとインプレッツァかインプレッザと読みたくなるものだが、スバルはインプレッサのままとしており、不思議なことに英語圏をはじめ世界中のほとんどの人々もインプレッサと発音している。

「Z」を「サ行」で読むってアリなの?

 アリなんです。スペイン語では、一部の例外を除きZをサ行で発音するのだ。スペイン人の名前を思い浮かべていただきたい。Fernándezさんは「フェルナンデス」だし、 Lópezさんは「ロペス」だ。「Venezuela」という国は現地(スペイン語)ではベネスエラと発音されている。

 大航海時代、スペインはポルトガルや英国と覇権を争っていた強国で、さらに現代は北米のスペイン語話者は英語話者を脅かすほどの勢いで増えている。我々が想像している以上にスペイン語、もしくはスペイン語風の発音というものが欧米では定着しており、IMPREZAをインプレッサと読むことにも違和感はないらしい。

 もちろんZで始まる音節をを「ツァ、ツィ、ツ、ツェ、ツォ」と読むイタリアやドイツには、インプレッツァと読む人が少なからずいそうだが、統計を取っていないので本当のところはわからず……スミマセン。

 そんなわけで、IMPREZAはインプレッサとして、日本のみならず世界中で親しまれているわけだ。

 以上、たいして役には立たないけれど、悩んでいた人にとってはちょっとスッキリする耳寄り情報でした。
 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します