現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウディ、フォーミュラEタイトル防衛に向けて新シーズンスタート

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.12

アウディ、フォーミュラEタイトル防衛に向けて新シーズンスタート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年7月にニューヨークで開催された昨シーズンの最終戦で、Team Audi Sport ABT Schaefflerは、見事な逆転劇を演じてチームタイトルを獲得した。新しいシーズンでは、マシンやルールが変わり、新たなバトルが展開される。チーム代表のアラン マクニッシュは、次のように述べた。

「シーズンの開幕が待ちきれません。昨シーズンの最終戦で味わった感動が、はるか昔のことのように感じられます。私たちは今、先を見つめています。スペインのバレンシアで行われた合同プレシーズンテストでは、新たなシーズンに向けて一定の手ごたえを感じました。しかし、モータースポーツは、実際にシーズンが始まって、予選・決勝を戦ってみるまでは何が起こるか分からない世界です。ノイブルクに戻って、チームスタッフ全員で何か月間もハードワークを続けてきましたが、実戦に出てはじめて自分たちの実力が分かります。まさに期待と不安が入り混じった心境です」

    確実に行動範囲が広がったことを実感。26才の若きオーナーとアウディTT

ディルイーヤの開幕戦は、フォーミュラEにとって新たな時代の始まりとなる。もっとも大きく進化した点は、新世代のマシンに搭載される大容量バッテリーによって、レースの途中でマシンを交換する必要がなくなったことだ。同時に“アタックモード”が導入されたことにより、以前と同様に戦略面でのエキサイティングな駆け引きが行われることに変わらない。この新しいルールでは、マシンが“アクティベーションゾーン”と呼ばれる区間を通過する際に、出力を一時的に225kW(306hp)に引き上げることができるという。主催者のFIAは、アクティベーションの回数とその持続時間をレースごとに個別に設定して、レース直前に発表します。その内容に従って、各チームは戦略を練ることになるだろう。

レースは、従来のシーズンと同様、45分プラス1周で行われます。レースモードにおける出力は、昨シーズンの180kWから200kWに引き上げられた。ファンは、フォーミュラEウェブサイト及び他の投票プラットフォームから投票することにより、お気に入りのドライバーをサポートすることが可能だ。投票はレースの6日前から決勝レース開始の15分前まで行うことができるという。もっとも多くの投票を集めた5人のドライバーは、レース後半に、出力を一時的に250kWに引き上げることができる“ファンブースト”と呼ばれる機能を使用することができる。

今シーズンは、Envision Virgin Racing(エンヴィジョン ヴァージン レーシング)から、もう2台のAudi e-tron FE05が参戦。サム バード及びロビン フラインスの2人のドライバーを擁するこの英国のレーシングチームは、Audi Schaeffler MGU03と呼ばれる新しいモータージェネレーターユニットを搭載したアウディのレーシングカーでシーズンを戦うことになる。アウディ モータースポーツ代表のディーター ガスは、次のように語っている。「Envision Virgin Racingを含め、合計4台のAudi e-tron FE05が参戦することは、大変素晴らしいことです。この有名なチームがアウディのパワートレインを選択したことは、私たちのエンジニア及び開発パートナーのSchaefflerの高い技術力を証明するものです」

フォーミュラEを取り巻く環境が大きく変化する中で、アウディは昨シーズンと同じ盤石のチーム体制で新しいシーズンに挑む。これまでに開催された45回のフォーミュラEレースすべてに参戦しているのは、わずか5人のドライバーのみ。ダニエル アプトとルーカス ディ グラッシはこのうちの2人。両ドライバーは、35回の表彰台を獲得して、圧倒的な戦歴を誇っている。フォーミュラEの4年間の歴史の中で、合計27回の表彰台と611ポイントを獲得したディ グラッシは、フォーミュラEでもっとも成功したドライバーだ。

アプトは、次のようにコメントしている。「26歳で熟練ドライバーの仲間入りをするとは、思いませんでした。しかし、フォーミュラEが大きく変化していることを考えると、新しいシーズンでは、22人のドライバー全員がルーキーだといえるでしょう。私たちはこの数か月間、サーキットの中だけでなく、サーキットの外でもハードワークを続けてきました。開幕戦では、最高のスタートを切って、印象的なレースを見せたいと思っています」

フォーミュラEが極東で行われるようになって4年目を迎えた今年、今回初めて開幕戦がサウジアラビアで開催される。歴史的な建造物の前に設営されたサーキットは、長いストレートと90°コーナーを備えた2.494kmのコースで、スリリングなレースが期待されている。ディ グラッシは次のようにコメントした。「昨シーズンの勢いを、今シーズンも続けたいと思っています。シーズン後半には、8回連続して表彰台を獲得しました。この流れを、さらに加速させるつもりです。Audi e-tron FE05は非常にパワフルなマシンです。チームは再び結束を固め、これまで以上に緊密な関係を築いています。すべてのチームがフォーミュラEにより多くの資金を投入しているので、競争が激しくなるのは明らかです。僕たちは、細部に至るまでマシンを熟成させ、さらにパフォーマンスを向上させています。戦いの準備はできています」

レース終了後の日曜日(12月16日)には、同じサーキットで公式テストが行われる予定。このテストでは、Audi Sport ABT Schaefflerのテスト及び開発担当ドライバーのニコ ミュラーが、Audi e-tron FE05のステアリングを握って開発を進めるという。

[CL編集部]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CL CL編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します