現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイハツ工業: 「ハイゼット カーゴ」を一部改良し、MT車にも「スマートアシストIII」を搭載

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.11

ダイハツ工業: 「ハイゼット カーゴ」を一部改良し、MT車にも「スマートアシストIII」を搭載

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツ工業は、 軽商用車「ハイゼット カーゴ」を一部改良し、 12月10日(月)に全国一斉に発売する。

 軽商用車「ハイゼットカーゴ」は、使い勝手の良さや高い積載性で好評を得ているキャブバンタイプの商用車で、建設業やサービス業などを中心に幅広い顧客に使用されているモデルである。2017年11月に実施したマイナーチェンジで、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」をAT車に採用し、軽商用車で初めて(※1)歩行者も認識し作動する衝突回避支援ブレーキなどを搭載した。

    IARシステムズとAndesの協業によりRISC-Vユーザのパフォーマンスが向上

 今回の改良では、MT車を選択する顧客の要望に応え、従来のAT車に加え、MT車にも「スマートアシストIII」を標準装備(※2)し、安全性能を向上させた。併せて「スマートアシストIII」搭載車には、左右後方の障害物を検知して警告音で知らせるコーナーセンサー(リヤ)やVSC&TRC(※3)、エマージェンシーストップシグナルなどの安全装備、IRカットガラス(フロントウインドゥ)、トップシェイドガラス(ブルー)などの快適装備を採用。また、「ハイゼットカーゴ」特装車の「デッキバン」や「2シーター系車種」などのMT車にも同様に「スマートアシストIII」を搭載した。

 ダイハツは、かねてすべての顧客に安全・安心を提供すべく、乗用車のみならず、商用車へも「スマートアシスト」の搭載を拡大し、2017年には「ハイゼットカーゴ」のAT車に「スマートアシストIII」を、2018年には「ハイゼットトラック」に「スマートアシストIIIt」を搭載。今回の一部改良にて、すべての軽商用車ラインナップ(※4)に「スマートアシスト」の搭載を完了した。

※1:2017年11月13日時点。 ダイハツ調べ
※2:スペシャル、 デラックスを除く全グレードに標準装備
※3:VSC=Vehicle Stability Control、 TRC=Traction Control
※4:一部特装車を除く

☆:写真掲載
※5:表示はハイルーフ仕様。 標準ルーフはハイルーフ仕様からマイナス10,800円(税込)          
※6:Naturally aspirated engine(自然吸気エンジン)
※7:Turbo Charger(ターボエンジン)

◎すべての価格は消費税込み。 価格にリサイクル料金は含まず
◎北海道地区は、 ハイゼット カーゴは27,000円高、 特装車は14,040円高(税込)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します