現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > パンクしてもタイヤ交換不要に? スペアタイヤは絶滅の危機

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.5

パンクしてもタイヤ交換不要に? スペアタイヤは絶滅の危機

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■パンクしてもスペアタイヤに交換できない人が多い

 もし、走行中にタイヤがパンクしてしまった場合、乗り心地やハンドル操作に異常をきたすだけでなく、そのまま走行し続けることは二次被害の原因となる大変危険な行為です。また、タイヤだけでなく、ホイールにもダメージが及んでしまい買い替えが必要になることも。

    クルマの見た目も左右?  新車装着タイヤが大径化する理由とは

 そういった際、クルマに積んである、いわゆる「スペアタイヤ」に履き替える必要がありますが、近年では、スペアタイヤを積んだクルマが減ってきており、新車の乗用車に至ってはスペアタイヤを装備している車両はほとんどありません。

 JAFが行った「タイヤのパンクに関するアンケート調査」よると、約4万人中4割のユーザーのクルマには「応急修理キット」が搭載されていると回答しています。

 さらに「クルマのタイヤを交換する」ということもあまり聞かなくなってきました。同調査によると、タイヤのパンク経験がないユーザーへの「パンクしたらどうするか?」という質問に対し、30代から29歳以下の6割以上が「他者(社)に依頼する」と回答しています。

 一方で50代以上の約半数は「自分で対応する」ということから、若年層ではタイヤ交換ができない、またはしない人が増えてきていることが分かります。

 スペアタイヤとはその名のとおり予備のタイヤです。車両が履いているタイヤと同じ標準サイズが搭載されている場合と、幅が細めで軽量化された「テンポラリータイヤ(テンパータイヤ)」などの「応急タイヤ」があります。

 スペアタイヤは基本、トランクの床下などに置いてあるほか、スズキ「ジムニー」などのオフロードタイプのクルマではリアゲートに装着され、外観のアクセントになっていることもあります。

 スペアタイヤが「標準タイヤ」であれば、パンクしたタイヤから履き替え、空気圧をチェックすればほぼ普段どおり走行することが可能ですが、「応急タイヤ」の場合は、最高速度と走行可能距離が低く設定されているほか、非駆動輪に装着が指定されていることもあり、タイヤ修理拠点まで回送するための「間に合わせ(temporary)」の役目しかなく、そのまま走行し続けることはできません。

 しかし、どちらにしてもタイヤ交換をしたことがない人にとって、突然のパンクからのタイヤ交換は至難の業です。

■いまはスペアタイヤに代わり、応急修理キットが主流

 現在では、スペアタイヤの代わりに「応急修理キット」が搭載されている車種が増えてきています。

 実際ホンダは、ほとんどの車種に「応急修理キット」が搭載されており、スペアタイヤを積んでいる車両は少ないそうなので、その経緯などを聞いてみました。

──「応急修理キット」はいつごろから採用され始めたのでしょうか。

 過去をさかのぼりますと、遅くとも2007年の「クロスロード」では「応急修理キット」が適用されております。

 それ以前でもレースベース車では適用がありましたが、一般の車両ではこのあたりから使われるようになっていたようです。

──現在でもスペアタイヤが設置されている車両は存在しますか。

 現在は、商用車である「アクティトラック」と「N-VAN」にはスペアタイヤが設定されております。

※ ※ ※

 タイヤを搭載する必要がない「応急修理キット」には、タイヤとホイールひとつ分の重量を削減し、タイヤひとつ分のスペースをほかの目的に使うことができるなど、燃費の向上や、積載スペースの確保などのメリットがあります。

 使用方法も簡単で、「応急修理キット」の種類にもよりますが、取扱説明書などに記載されている通りに作業を進めれば15分程度で作業を終えることができます。

 しかし、「応急修理キット」も「応急タイヤ」と同様に、ずっと走り続けることはできません。また、メリットも多い「応急修理キット」ですが、「応急タイヤ」にはないデメリットも存在します。

「応急修理キット」は補修材を充填して穴を塞ぐ仕組みです。接地面に小さい穴が開いた程度のパンクなら修理が可能ですが、タイヤの側面の損傷や、破裂して大きく損傷してしまう「バースト」になってしまうと、「応急修理キット」では対応できません。

 また「応急修理キット」を使用してしまうと、必ずタイヤをホイールから外して補修材を取り除いて修理する必要があるほか、タイヤ交換が必要になる場合もあります。

※ ※ ※

 現在、廃車になる車両のスペアタイヤは廃棄物となってしまい、「応急修理キット」にすることで、廃棄物の削減にも一役買っているようです。また「応急修理キット」に含まれる簡易型のコンプレッサーはタイヤの空気圧調整にも使えます。

 近年は道路の状況も良くなってはいるものの、パンクは少なからず発生しています。道路上でのタイヤ交換は危険とされていることも踏まえて、タイヤがパンクした際はロードサービスに救助を依頼し、安全が確保できる場合のための備えとして「応急修理キット」を使用することがベストなのではないでしょうか。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します