現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 予防安全装備が充実したスズキ「エスクード」、全車速追従機能も標準装備に

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.3

予防安全装備が充実したスズキ「エスクード」、全車速追従機能も標準装備に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキは2018年12月3日、「エスクード(ESCUDE)」を一部変更し、スズキの予防安全機能「スズキ セーフティ サポート」の搭載と内外装のデザイン変更を行なうことを発表した。


エクステリアは、より上質で力強い印象となるよう、現行モデルに対し、フロントまわりの意匠変更を行なっている。フロントグリルは、スモークメッキガーニッシュにし、バンパーにはメッキガーニッシュ、メッキイルミネーションランプベゼルを装備。また、LEDヘッドランプにはブルー色のカバーにした。

    スズキ 1.4L直噴ターボエンジン搭載の「エスクード 1.4ターボ」を発売


リヤまわりは、リヤコンビネーションランプとバンパーの意匠を変更。ストップランプにはLEDを採用し、バンパーアンダーガーニッシュをガンメタリックとし、また、アルミホイールも切削加工のガンメタリック塗装で17インチとした。


インテリアは精緻な質感と先進性のインテリアを目指し、シート表皮のステッチにホワイトステッチを使い本革とスウェード調に変更。メーター、インパネガーニッシュやステアリングのデザインも変更している。エアコン吹き出し口をサテンメッキに、ドアアームレストオーナメント、シフトゲートガーニッシュを高輝度シルバーに変更するなど行なわれている。そしてダッシュボード上部をソフトパッドにするなどして質感を向上させ、またマルチインフォメーションディスプレイをカラー液晶にも変更している。


予防安全技術

単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせた被害軽減ブレーキ、デュアルセンサーブレーキサポートをはじめ、誤発進抑制、車線逸脱抑制・警報、ふらつき警報、先行車発進お知らせの各機能を搭載した。また、アダプティブクルーズコントロールを進化させ、スズキ国内車種初となる全車速追従機能を標準装備にした。先行車が2秒以内に発進した場合は、自動で追従走行を再開する。

また、15km/h以上で走行中、右後方からの車両の接近を、ミリ波レーダーで検知するブラインドスポットモニターと、駐車場などで、自車が低速で後退しているとき、後方左右からの車両を検知し、モニター表示と警告音で安全運転をサポートするリヤクロストラフィックアラートも標準装備とした。

価格表

車種名エンジン駆動変速機燃料消費率
WLTCモード走行(km/L)
価格(円)
WLTC
モード
市街地
モード
郊外
モード
高速道路
モード
エスクード1.4L
DOHC VVT
直噴ターボ
4WD6AT1612.116.418.32,658,960
スズキ エスクード 関連情報
スズキ 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します