現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産 新型「マキシマ」を公開 先進安全装備「セーフティシールド360」を採用し2018年中に発売予定

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.1

日産 新型「マキシマ」を公開 先進安全装備「セーフティシールド360」を採用し2018年中に発売予定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■内外装のデザイン変更と、先進の安全運転支援システムを搭載

 日産は現在開催中のロサンゼルスモーターショー2018で、新型「マキシマ」を正式にお披露目しました。新たに日産インテリジェントモビリティのひとつ、先進的なドライバーアシストシステム「Nissan Safety Shield 360」(セーフティシールド360)が採用されます。

    日産の新型セダン「Maxima」LAショー2018でデビュー デザインを一新し安全支援面も強化

 今回の新型「マキシマ」発表に際し、北米日産のディビジョンセールス&マーケティング&オペレーションシニアバイスプレジデントDan Mohnke氏は、次のように述べています。

 「マキシマは、当社のフラッグシップセダンとして、日産ブランドにとって重要な貢献者です。スタイル、パフォーマンス、品質で40年の歳月をかけたオーナーに感謝しています」

※ ※ ※

 2019年モデルの「マキシマ」は、300馬力の3.5リッターV6エンジンとスポーツテイストのハンドル、ブレーキ、サスペンションを備えた近代的なスポーツセダンとしても評判を得ているといいます。

 また「マキシマ」には、360度の能動的なドライバーアシスト、衝突回避、歩行者検知機能を実現するために設計された、6つの先進的なアクティブセーフティおよびドライバーアシストテクノロジーであるセーフティシールド360が装備されます。

「セーフティシールド360」には、歩行者検知、死角モニター、後方車両警報、車線逸脱警告、ハイビームアシスト、自動ブレーキが含まれています。 2019年には「マキシマ プラチナ」と「SR プレミアムパッケージ」の一部として標準装備されています。

 一部変更された外観は、カリフォルニア州ラホーヤの日産デザインアメリカによってデザインされました。深いVモーションフローを備えたボリュームの高いフロントグリルに宝石のような造形のヘッドライト、新たに設計されたテールランプが「マキシマ」をプレミアムな外観に演出。

 内装はドライバーに向けたコピットを含み、5人の乗員のための快適な空間となっています。水平方向の動きとすべてのコントロールへの簡単なアクセスを強調する「マキシマ」の “Gliding Wing”レイアウトを継承していますが、デザインと素材は刷新されました。グレードに応じて、インパネ、ドアパネル、ハンドル、ステッチ、シート素材、ヘッドライナー、ピラー、Aピラースピーカーグリルがアップグレードされます。

 2019年モデル「マキシマ」は、2018年12月中旬から北米全土の日産販売店で発売予定。グレードは「S/SV/SL」に加え、スポーティな「SR」、最上級の「プラチナ」の5つラインナップとなっています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します