現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 埼玉工業大学:豊橋総合動植物公園の自動運転デモを担当

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.26

埼玉工業大学:豊橋総合動植物公園の自動運転デモを担当

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉工業大学発ベンチャー、フィールドオートは、愛知県が豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)において、11月14日(水)から11月21日(水)に開催された、運転席に人がいない自動運転の車を2台同時に走らせる全国初の実験に参加した。今回、フィールドオートはティアフォーと連携して、自動運転車両のオペレーションの補助を担当。11月17日(土)には、大村愛知県知事及び佐原豊橋市長が試乗して自動運転技術を体験した。

 今回の実証実験は、愛知県が自動運転の社会実装を見据えた最先端の実証実験に取り組む中、豊橋市の協力を得て、豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)において、将来園内バスへの導入の可能性を検証するため、遠隔型自動運転の実証を実施したもの。運転席にドライバーが乗っていない複数の車を遠隔監視で走らせる実験は、全国初となるもので、園内の1.5キロを時速7キロで走行した。

    古河電工:準ミリ波レーダによる「逆走検知システム」を開発

 フィールドオートは、愛知県がアイサンテクノロジーへ委託する「自動運転実証推進事業」において、KDDI、損害保険ジャパン日本興亜、ティアフォー、名古屋大学等と協力し、今回豊橋市で実施される自動運転実証において、自動運転車両のオペレーションを補助した。

 今回の実証実験は、車両内の運転席が無人で、車外の遠隔監視・操作拠点に設置した運転席において、2台の車両(エスティマ、マイリー)を同時に遠隔監視・遠隔操作するもの。その遠隔監視時の車両は、ハンドル、アクセル、ブレーキが自動的に制御されて出発地から目的地まで自動運転を行う。また万一、衝突などの危険を察知した場合は、遠隔操作者等が緊急停止の措置を行う。

 フィールドオートは、これまでにも、埼玉工業大学の自動運転の研究プロジェクトとして、SIPや埼玉県深谷市での公道実験に取り組んできた経験とノウハウを持つ。また、2018年9月に損害保険ジャパン日本興亜が東京に遠隔型自動運転サポートセンターを設置した際に実施した、損保ジャパン日本興亜の本社ビル(東京都新宿区・西新宿)から、プライムアシスタンスの本社(東京都中野区・中野坂上)までの約1.5kmに及ぶ交通量の多い青梅街道で、レベル3の自動走行を実施した実績がある。

 フィールドオートは、今回、愛知県主催で推進する遠隔監視による自動運転の実証実験に参加した経験を活かして、自動運転技術の開発を推進していく。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します