現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 憧れの名車“Z1”や“カタナ”をリアルに再現!【AOSHIMA・完成品バイク】

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.24

憧れの名車“Z1”や“カタナ”をリアルに再現!【AOSHIMA・完成品バイク】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プラモデル、ミニカー、ラジコンカー、カプセルトイなどでおなじみの「AOSHIMA(株式会社 青島文化教材社)」から、人気の3車を1/12スケールに凝縮した完成品モデルが間もなく発売される。REPORT●北秀昭(KITA Hideaki)

「お金も保管する場所もないけれど、憧れの名車や人気車を手に入れたい!」

    カスタムビルダーが新型SR400を斬る!【気になる外装フィッティングも検証】

 そんな“夢”を叶えてくれるのが、AOSHIMAからリリースされているバイクの完成品モデルシリーズ。細部のつくりはもちろん、各部にダイキャストを使用するなど、所有感溢れるリアルな外観に仕上がっているのがポイントだ。

 2018年12月には、新たに3モデルが追加発売。新発売される各車のポイントをチェックしてみよう。


1/12 完成品バイク KAWASAKI 900Super4(Z1) ブラック

 人気のカワサキ900Super4(Z1)に、カスタムカラーの「ブラック」が登場。Z1のブラックは、Z1&Z2フリークにも人気のカラーリングだ。

 ブラックカラーのZ1やZ2は、1970年代に俳優・岩城滉一が主演した映画にも登場して人気が急上昇。火の玉カラーなどのノーマル色に比べ、男らしくも落ち着いた雰囲気に仕上がるのがポイントだ。

 商品は完成品だから、組み立てなしで即飾れるのが嬉しいところ。コレクションの展示に適したディスプレイ台座付き。コストパフォーマンスにも優れており、2,500円(税別)の低価格に設定されている。


カワサキ900Super4(Z1)とは?

 1972年(昭和47年)に輸出販売されたモデル。Super4(スーパーフォー)という名称よりも、型式名であるZ1(ゼットワン)の名前で呼ばれることが多い。

 Z1はヨーロッパや北米を中心に大ヒット。同車によってカワサキのブランドは世界的に確立された。

 エンジンは空冷4ストDOHC4気筒903ccで、最高出力は82psを発揮。発売当時、国内では排気量の自主規制(750ccまで)によって販売されずに逆輸入。そのため、国内では排気量をダウンさせたZ750RS、通称Z2(ゼッツー)がリリースされ、爆発的なヒットとなった。

 2018年、Z1をイメージした「Z900RS」が発売され、元祖であるZ1は再び注目されることとなる。中古車市場においてZ1は、“超お宝ビンテージモデル”として、驚くほどの高値で取り引きされている。


【商品概要】
商品名:1/12 完成品バイク
KAWASAKI 900Super4(Z1) ブラック
スケール:1/12
価格2,500円(税別)
発売元:株式会社 青島文化教材社

■オフィシャルサイト
KAWASAKI 900Super4(Z1) ブラック
http://www.aoshima-bk.co.jp/product/4905083105948/


1/12 フラッグシップミニカー SUZUKI GSX1100S KATANA

1/12 フラッグシップミニカー SUZUKI GSX-R1000R

 大好評の完成品バイクシリーズに、細部まで忠実に再現した、塗装組立て済み完成品モデルの「フラッグシップミニカー」が登場。フラッグシップミニカーは、パーツごとに細やかな色分けを施し、ダイキャストパーツを多用。リアリティーと重量感をとことん追求しているのがポイントだ。

スズキGSX1100S KATANA(カタナ)とは?

 スズキGSX1100S KATANA(カタナ)、通称“カタナ”は、1981年(昭和56年)より輸出販売された超人気モデル。人気のテレビドラマ「西部警察 パートII」では、俳優の舘ひろしがブラック仕様にカスタマイズされたカタナを駆り、その人気を加速させた。

 エンジンは空冷4ストDOHC4気筒1074ccで、最高出力は111psを発揮。カタナは発売当時、国内では排気量の自主規制(750ccまで)によって販売されず、逆輸入された。そのため、国内では排気量をダウンさせたGSX750S KATANAがリリース。

 2018年11月、イタリアのミラノで開催されたEICMA2018(ミラノショー)では、新型が発表されて大きな話題を呼んだ。


スズキGSX-R1000Rとは?

 GSX-R1000Rはスズキを代表するスーパースポーツモデル。外装、エンジン、足周りなど、各部にバイクレースの最高峰MotoGPで培ったテクノロジーが随所に投入されている。

 GSX-R1000Rのコンセプトは“No.1スポーツバイク”。GSX-Rシリーズの特長であるエンジンと車体が調和した「走る・曲がる・止まる」の基本設計を徹底的に貫徹しているのがポイントだ。

 エンジンは水冷4ストDOHC4気筒16バルブ999cc。最高出力は197psを発揮する。


【商品概要】
商品名:1/12 フラッグシップミニカー
SUZUKI GSX1100S KATANA
SUZUKI GSX-R1000R
スケール:1/12
サイズ:全長約190mm
素材:本体/ダイキャスト、ABS タイヤ/ゴム
パッケージサイズ:W245×H107×D147(mm)
価格:各12,000円(税別)
発売元:株式会社 青島文化教材社

■オフィシャルサイト
SUZUKI GSX1100S KATANA
http://www.aoshima-bk.co.jp/product/4905083106129/

SUZUKI GSX-R 1000R
http://www.aoshima-bk.co.jp/product/4905083106136/

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2018/11/24 22:50

    違反報告

    「お金も保管する場所もないけれど、憧れの名車や人気車を手に入れたい!」
      ↑
    これ違うな、模型買ったり造った事の無い人物が書いた記事と思う(笑)。
    所謂名車·人気車持ってる方も意外と多いで。
    あと「カネも場所も無いから」言うのも違うわ、恐らくはコレクションマニア等も買うんちゃうかな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します