現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型登場間近だからこそ、現行型を確認。無駄のない設計美、マツダ・アクセラ、収納スペースを総チェック!! 容量は?使い心地は?

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.12

新型登場間近だからこそ、現行型を確認。無駄のない設計美、マツダ・アクセラ、収納スペースを総チェック!! 容量は?使い心地は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランドや車種の個性が表れるのは、デザインやメカニズムだけとは限らない。例えば、収納スペースもそのひとつ。ユーザーが少しでも使いやすいように創意工夫が凝らされている。そのこだわりをチェックしてみた。

「アクセラ」は、「デミオ」と「アテンザ」の中間に位置するモデルだ。ボディタイプはハッチバックとセダンの2種類が用意されており、セダンにはハイブリッドが搭載されるなどユニークな存在だ。マツダのラインアップ中では古株だが、新型がロサンゼルスショーにて発表される予定だ。とはいえ、現行モデルは16年と17年に大規模な改良が行ない、いまだに第一線級の実力を誇る。パワートレーンは、ハイブリッドのほか、1.5ℓのガソリンとディーゼル、さらには2.2ℓディーゼルと合計4種類を設定。6速MTも用意するなど、多彩なニーズに応える懐も深い。

    稀代のチューナースピリットが息づくスポーツカーブランド“ABARTH” (アバルト)

実際の使われ方を研究して導いた最適解

「人間中心」をコンセプトにしたクルマづくりゆえか、マツダの内装レイアウトは車種ごとにガラリと変わることはなく、座った瞬間から自然な使い心地の良さに溢れている。実際の使用シーンを研究し、ドライバー側/助手席側/後席/天井/ドアトリムのゾーンごとに最適な収納を配置しているという。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します