現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 大胆なデザインで独自路線を突き進むKTM 新型車や電気バイクのコンセプトモデルを発表【EICMA2018現地レポート】

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.10

大胆なデザインで独自路線を突き進むKTM 新型車や電気バイクのコンセプトモデルを発表【EICMA2018現地レポート】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■電気バイクのコンセプトモデルなど、次世代を見据えた車両も登場

 長年オフロードバイクメーカーとして実績を積み、現在ではオフロードのみならず、あらゆるジャンルのモデルを展開するKTMは、アドベンチャーモデルを中心にブースを構成。次世代を見据えた電気バイクのコンセプトモデルも展示されています。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 スーパーモタードモデル「KTM 690 SMC R」と同様の約75PSを発揮する690ccシングルエンジンを搭載する「KTM 690 ENDURO R」は、オフロードに焦点を当てたモデルです。

 改良されたシャシや電気制御、新設計のボディワークを採用することでスタイリッシュかつ走行性能に優れたこの一台は、パワフルな特性ながら扱いやすさも考慮されています。

「KTM 690 ENDURO R」のモタード版といえるこのモデルは、性能はそのままにストリートでの扱いやすさを追求した一台です。

 コーナリングABSやストリートに最適な性能を実現するトラクションコントロール、クイックシフターの採用により、クラッチを操作することなく高いパフォーマンスを楽しむことが出来ます。

 KTMのオフロードレースで培ったテクノロジーが注ぎ込まれた「790 ADVENTURE R(アドベンチャーR)」は、95PSを叩き出す799ccのパラレルツインを搭載する本格的なオフロードモデルです。

 乾燥重量189kgというシングルエンジン搭載モデル並みの軽量な車体とパワフルなエンジン、WP製のサスペンションの採用により荒れた路面でも優れた性能を発揮します。

「790 ADVENTURE R」と酷似しながらも、オンロードよりの特性にセッティングされたこのモデルは、“アドベンチャーツーリング”を専門とするモデルで、オン・オフ問わない性能が魅力の一台です。

「R」と同じく乾燥重量189kgという軽量なシャシィとパワフルなエンジンはもちろん、足つき性に優れた車高とすることで長時間のトラベルでも余裕のある走りを堪能できます。

 KTMの次世代へのステップとして開発された「SX-E5」は、既存のレーサー「50 SX」をベースに電気モーターを搭載したコンセプトモデルで、モーターサイクルの世界へ足を踏み入れようとしている若者にとって最適な一台であると同社は語ります。

※ ※ ※

 その他、KTMはネイキッドの最高峰モデル「1290 Super Duke」や、それをベースにしたツアラー「1290 Super Duke GT」なども展示。訪れるユーザーを楽しませるべく、数多くの車種が出展されています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nor*****|2018/11/10 13:58

    違反報告

    たぶんオンロード寄りのバイク名が書かれてない。
  • toj*****|2018/11/10 17:42

    違反報告

    READY TO RACEを謳うにしては故障が多過ぎ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します