現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トライアンフ、2019年限定仕様のボンネビル2機種「T120 ACE/T120 DIAMOND EDITION」を発表 

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.8

トライアンフ、2019年限定仕様のボンネビル2機種「T120 ACE/T120 DIAMOND EDITION」を発表 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、2019年限定特別仕様モデル「NEW BONNEVILLE T120 ACE」と「NEW BONNEVILLE T120 DIAMOND EDITION」を発表した。 販売台数は全世界でT120 ACEは1400台、T120 DIAMOND EDITIONは900台。ともに日本導入は2019年春頃、メーカー希望小売価格については未定。

 1959年に誕生し、2019年には製造60周年を迎えるトライアンフボンネビル。2気筒パラレルツインエンジンでも馴染みのあるボンネビルの60周年を記念し、2種類のアニバーサリーモデルを発表した。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ


NEW BONNEVILLE T120 ACE

ボンネビルT120 ACEはオリジナルカフェレーサーとクラシックなブリティッシュバイクの憩いの場である、ロンドンのAce Cafeを祝福するために設計されたモデル。

■仕様詳細 
・ ボンネビルT120 Blackをベースに、プレミアムな設計、アイテムチョイスがなされた特別な仕様
・ ブラックペイントのアーバントラフィックライトレーサーをメインテーマとする
・ ユニークでプレミアムなマットストームグレイとコントラストになるストライプのAce Cafeペイントスキームを採用
・ 専用プレミアムAce Café × Bonneville T120グラフィック
・Head down – Hold onタンクグラフィックデザイン
・ブラックインテークカバー&エンジンバッジ
・ブラックベンチシート
・ミニマルなフェンダーセットアップ(リムーバルキットを標準装備 - カナダおよびインドを除く)
・LEDブレットインジケーター

■特別限定生産: 
・全世界で1400台の限定生産
・シリアルナンバーとNick Bloorおよび現代のAce Cafeの創立者であるMark Wilsmoreのサインが入った証明書が付属する。

■概要
 2019年モデルの新型ボンネビルT120 Aceは、2015年に大ヒットしたスラクストンAceに続きオリジナルカフェレーサーからさらに洗練されたスタイル、ブラックペイントが引き継がれている。当時のティーンエージャーのバイク乗りたちが持っていた ‘Head Down, Hold On(突き進む、走破する)’という信念を反映し、 現代のブリティッシュバイクの憩いの場である Ace Cafe を祝すために作られたボンネビルT120 Aceは、ボンネビル T120 Blackのスタイリッシュで特別なAceバージョンとして発売される。


■ボンネビル T120 BLACKと共通の標準装備
 3,100rpmの低回転域で105Nmの最大トルクを発生させる1200cc 高トルク型8バルブBonnevilleパラレルツインエンジンを搭載。エンジンプロファイルは、伝説的な60年代のにボンネビルにみられるスタイリングを巧みに組み込みつつ、スタイリッシュな外観からは想像もつかない最先端の水冷システムを搭載。クリーンな排気と燃費向上を実現する。

 エレガントなピーシュータースタイルのマフラーには、キャタライザーを目立たないように格納。美しいストレートラインとブリティッシュツインのサウンドを提供する。



■Bonneville T120 Ace諸元

エンジンタイプ: 水冷SOHC並列2気筒8バルブ270°クランク
排気量: 1200cc
ボア/ストローク: 97.6x80mm
圧縮比: 10.0:1
最高出力: 80PS/79BHP(59kW)@6,550rpm
最大トルク: 105Nm@3,100rpm
燃料供給方式: マルチポイントシーケンシャル電子燃料噴射
エキゾーストシステム: ブラック2-INTO-2エキゾーストシステム(ブラックツインサイレンサー)
駆動方式: Xリングチェーン
クラッチ: 湿式多板アシストクラッチ、ケーブル制御
トランスミッション: 6速
フレーム: チューブラースチール製クレードル
スイングアーム: チューブラースチール製両持ち式
フロントホイール: 32本スポーク18x2.75インチ
リアホイール: 32本スポーク17x4.25インチ
フロントタイヤ: 100/90-18
リアタイヤ: 150/70R17
フロントサスペンション: KYB製41mm径カートリッジ式フォーク(トラベル量120mm)
リアサスペンション: KYB製ツインショック(プリロード調整可能、リアホイールトラベル量120mm)
フロントブレーキ: 310mm径ダブルディスク、Nissin製2ピストンフローティングキャリパー、ABS
リアブレーキ: 255mm径シングルディスク、Nissin製2ピストンフローティングキャリパー、ABS
全長: 2,170mm
全幅: (ハンドルバーを含む)785mm
車高: (ミラーを含まない)1,125mm
シート高: 785mm
ホイールベース: 1,445mm
キャスター角: 25.5度
トレール幅: 105.2mm
乾燥重量: 224kg
燃料タンク容量: 15L
インストルメントディスプレイ: 
LCD 多機能インストルメントパック(アナログスピードメーター、アナログタコメーター、ギアポジションインジケーター、燃料計、推定走行可能距離表示、メンテナンスインジケーター、時計、トリップコンピューター、ハンドルバーのスクロール&モードボタン、グリップヒーター状態表示可、燃費表示、トラクションコントロール状態表示、スロットルモードディスプレイ)。
燃料消費量: 4.5 L/100 km(63MPG)
CO2排出量: 103.0 g/km

ボンネビルT120 Diamond Edition

■仕様詳細
・ボンネビル T120 Diamond Editionは、ボンネビル T120が有するクラシックなスタイルとモダンな性能に加えて、特別な装備を取り入れたプレミアム仕様。
・プレミアムで唯一無二のスノードニアホワイト×アルミニウムシルバーの‘ユニオンフラッグ’ タンクスキーム
・サイドパネルにあしらわれた特別な Bonneville T120 ‘Diamond’のブランドロゴ
・クロームメッキ4バー・トライアンフタンクバッジ
・クロームメッキエンジンカバー&バッジ
・クロームメッキチェーンガード

■限定生産:
・全世界で 900 台の限定生産
・ シリアルナンバーとトライアンフ CEO、Nick Bloor のサインが入った証明書が付属する。

ボンネビルT120をベースとした2019年新型ボンネビルT120 Diamond Editionは、誕生 60 周年を記念したモデル。

■ボンエビルT120と共通の標準装備
 前世代から54%出力強化した、105Nm/3,100rpmを発生する1200cc 8バルブパラレルツインエンジンを搭載。
 エンジンプロファイルは、60年代のBonnevilleの主要なスタイリングを踏襲しつつ、最先端の水冷システムを取り入れている。マフラーにはエレガントなピーシュータースタイルを採用。キャタライザーが目立たないようにレイアウトし、美しいクリトレートラインを実現している。



Bonneville T120 Diamond Edition諸元

エンジンタイプ: 水冷SOHC並列2気筒8バルブ270°クランク
排気量: 1200cc
ボア/ストローク: 97.6x80mm
圧縮比: 10.0:1
最高出力: 80PS/79BHP(59kW)@6,550 rpm
最大トルク: 105Nm@3,100rpm
燃料供給方式: マルチポイントシーケンシャル電子燃料噴射
エキゾーストシステム: クロームメッキ2-INTO-2エキゾーストシステム(クロームメッキツインサイレンサー)
駆動方式: X リングチェーン
クラッチ: 湿式多板アシストクラッチ、ケーブル制御
トランスミッション: 6速
フレーム: チューブラースチール製クレードル
スイングアーム: チューブラースチール製両持ち式
フロントホイール: 32本スポーク18x2.75インチ
リアホイール: 32本スポーク17x4.25インチ
フロントタイヤ: 100/90-18
リアタイヤ: 150/70 R17
フロントサスペンション: KYB製41mm径カートリッジ式フォーク(トラベル量120mm)
リアサスペンション: KYB製ツインショック(プリロード調整可能、リアホイールトラベル量120mm)
フロントブレーキ: 310mm径ダブルディスク、Nissin製2ピストンフローティングキャリパー、ABS
リアブレーキ: 255mm径シングルディスク、Nissin製2 ピストンフローティングキャリパー、ABS
全長: 2,170mm
全幅(ハンドルバーを含む): 785mm
車高(ミラーを含まない): 1,125mm
シート高: 785mm
ホイールベース 1,445mm
キャスター角 25.5度
トレール幅105.2mm
乾燥重量 224kg
燃料タンク容量15L
インストルメントディスプレイ: LCD多機能インストルメントパック(アナログスピードメーター、アナログタコメーター、ギアポジションインジケーター、燃料計、推定走行可能距離表示、メンテナンスインジケーター、時計、トリップコンピューター、ハンドルバーのスクロール&モードボタン、グリップヒーター状態表示可、燃費表示、トラクションコントロール状態表示、スロットルモードディスプレイ)。

燃料消費量: 4.5 L/100 km(63 MPG)
CO2 排出量: 103.0g/km

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します