現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ベンツで激減、ボンネットの「立ったエンブレム」 ジャガーのアレも消えたワケ

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.27

ベンツで激減、ボンネットの「立ったエンブレム」 ジャガーのアレも消えたワケ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

盗難対策?

 メルセデス・ベンツの「スリーポインテッド・スター」や、ジャガーの「リーピング・キャット(リーピング・ジャガー)」、ロールス・ロイスの「スピリット・オブ・エンジェル」など、高級車のエンブレムやマスコットは、それぞれのブランドを象徴するアイコンのひとつです。古道具店などでは、取り外されたエンブレムやマスコットだけが売られていることもあります。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 かつては日本車でも、ボンネットにエンブレムが立体的に取り付けられた車種がありました。たとえば1980年代から90年代にかけての日産「シーマ」や「グロリア」、トヨタ「クラウンマジェスタ」などです。こうした「立ったエンブレム」はやはり、高級車の象徴的なアイテムといえるかもしれません。

 しかし現在、それら立体のエンブレムやマスコットが数を減らしています。日本車でもこれを備えたものはほとんどなくなったほか、ジャガーでは全車で、ボンネットの「リーピング・キャット」が消えています。

 これは、乗用車の突起物規制が敷かれたためです。

 歩行者保護の観点から、自動車の外部には、衝突時あるいは接触時において歩行者などに傷害を与える恐れのある突起を有してはならないという国際基準が、2009(平成21)年以降の新車から適用されています。このため、ボンネット上から突起物がなくなったことはもちろん、ボディの端部なども丸みを帯びたものになってきているです。

いまも残る立体エンブレムやマスコット 規制にどう対応?

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、「法規に合わせてボンネットの『リーピング・キャット』は廃され、車体後部に埋め込まれる形で配置されています。歩行者保護の観点からは致し方ないことでしょう」と話します。

 一方、メルセデス・ベンツではいまも、ボンネットにエンブレムが立っている車種があります。

「Sクラスと『マイバッハ』のほか、EクラスやCクラスの限定モデルなどにも残っています。これら車種は、『エレガンス』と呼ばれる伝統的な形状のフロントデザインを採用しているもので、もともとはこちらが基本でした。現在ではほとんどの車種でフロントグリルの中央にエンブレムを配した(スポーティな)『アヴァンギャルド』を採用していますが、『エレガンス』は昔からの形で、いまもご要望があります」(メルセデス・ベンツ日本)

 ベンツ車の立体エンブレムは、押せばボンネット側に倒れるようになっています。「道路運送車両の保安基準」では特別規定として、このような立体装飾が格納またはたわんだ状態で突出量が10mm以下であればよいことになっています。

 ちなみに、ロールス・ロイスではいまも多くの車種でボンネット上に立体的な「スピリット・オブ・エクスタシー」のマスコットが取り付けられています。こちらは格納式を採用。ボンネットの内側に隠れるようになっています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(乗りものニュース 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します