現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クルマと会話できる! メルセデス・ベンツ、対話システム搭載の新型「Aクラス」発表

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.18

クルマと会話できる! メルセデス・ベンツ、対話システム搭載の新型「Aクラス」発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本は2018年10月18日、新型「Aクラス」を発表すると同時に、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて、注文受付を開始した。なお、購入者への納車は本年12月以降を予定している。


新型「Aクラス」は、先代モデルのワイド&ローのプロポーションとアグレッシブで若々しいボディにメルセデス・ベンツの先進技術を注ぎ込むことで快適性が大きく向上したスポーツコンパクトモデルとなっていて、ラインアップには、1.4リッター直列4気筒ターボエンジンに7G-DCT (7速デュアルクラッチトランスミッション)を組み合わせた「A 180」と、充実の装備を備えた「A 180 Style」が用意される。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?


新しいマルチメディアシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」や部分自動運転を実現する最新の安全運転支援システムを採用するなど、これまでSクラスやEクラスなど上級モデルに搭載されていた多くの機能を搭載。「Aクラス」「Bクラス」「CLA」「CLAシューティングブレーク」「GLA」の5モデルで構成される新世代のメルセデス・ベンツを牽引する戦略車種を代表するモデルとして生まれ変わった。
  

MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)

新型「Aクラス」はメルセデス・ベンツとして初めて、新開発の「対話型インフォテインメントシステムMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」を搭載した。最大の特長の1つが人工知能による学習機能で、特定のユーザーに適応する個別対応能力を備えている。
また、高精細ワイドスクリーン コックピット(10.25インチワイド ディスプレイでタッチスクリーン操作対応)や、自然対話式音声認識機能を備えたボイスコントロールなどを搭載。ボイスコントロールは「Hiハイ, Mercedesメルセデス」をキーワードとして起動される。
※関連記事:メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス に関する記事一覧

標準装備される新型自然対話式音声認識機能は、多くのインフォテインメント機能 (目的地入力、電話通話、音楽選択、メッセージ入力・読み上げ、気象情報)に加え、クライメートコントロール、各種ヒーター、照明など多様な便利機能にも対応。また、MBUXの音声認識機能は、自然言語認識機能の搭載により、事実上ほとんどの命令に従い、インフォテインメントおよび車両操作関連の文章を認識・理解する。例えば、クライメートコントロールで温度を下げる場合、「温度24度」という明確な命令ではなくても、「暑い」と言えば理解する。

さらにMBUXに備わる予測機能は、人工知能を利用しており、ユーザーが次に何をしたいかを予測することも可能だ。例えば、定期的に決まった電話番号へ電話をするユーザーに対しては、その時刻になるとディスプレイに相手の電話番号を「おすすめ」として表示する。また、決まった時刻にラジオを放送局に切り替える方には、この切り替えを提案してくる。
さらにナビゲーションシステムにおいては、ユーザーがよく通行するルートを検知すると、そのルートを使う目的地への案内を早速バックグラウンドで開始。そしてナビゲーション画面に、例えばフィットネスクラブなどを「おすすめ目的地」として表示する。そこへ行くことを確認するだけで、渋滞に関する警告など、ルートに関するあらゆる情報をすぐに得ることができるのだ。
 

Sクラスと同等の安全運転支援システムを導入

新型「Aクラス」には昨年発表された「Sクラスセダン」と同等のシステムをオプション設定。
先行車との車間距離のみならず周囲の交通状況(車両、車線、ガードレールなど平行な物体)を常に監視して、従来よりもステアリングアシストが作動する状況が大幅に拡大した。また、システム起動時に高速道路上で自動停止した場合、30秒以内(一般道は3秒以内)であれば自動再発進が可能となり、渋滞時のドライバーの疲労を大幅に低減。その他の革新技術、「アクティブレーンチェンジングアシスト」は、ドライバーがウインカーを点滅させた場合、行き先の車線に車両がいないことを確認して、自動で車線を変更する。
他にも多くの安全運転支援システムが搭載されている。


 

エクステリアデザイン

新型Aクラスのエクステリアは、メルセデス・ベンツのデザイン思想「Sensual Purity (官能的純粋性)」をさらに一歩進め、コンパクトな2ボックスデザインをベースにサイズやプロポーションを最適化。Aクラスのスポーティな印象を強調している。
さらに、ヘッドライトの周囲をシール、、新型ドアミラーはベルトラインに配置するなどさまざまなきめ細かい空力対策が施されており、エアロダイナミクスは、セグメントトップのCd値0.25(欧州仕様参考値)となっている。


 

インテリアデザイン

インテリアの最大の特長のひとつが、ダッシュボードのデザインで、今回初めてインストゥルメント クラスター上方のカウルを廃止。その結果、ダッシュボード本体は、一方のフロントドアから反対側のフロントドアまで、途切れなく続いている。ワイドスクリーンディスプレイはオンダッシュで、タービンを想わせるスポーティなエアアウトレットも目を惹く。
室内も広々としたスペースを実現したことで、利便性も大きく向上しており、ショルダールーム、エルボールーム、ヘッドルームが拡大されるとともに、後席への乗降性が向上。ラゲッジルームも拡大され、利便性も増した。また、全方位視認性も大きく改善されており、安全性や解放感が高まっている。


 

パワートレーン

「A 180」はデルタ形シリンダーヘッドなどの革新技術を採用したM 282エンジンを搭載。超小型かつ軽量、動・静剛性に優れており、前モデルよりも小型化された上に出力を14PS向上させた。高剛性・高度設計ボディとも相まって、優れた衝突安全性と静粛性を実現している。
 

ワイヤレスチャージング機能とMercedes me connectを標準設定

自動車が通信することによりユーザーの利便性を向上するテレマティクスサービス「Mercedes me connect」も標準設定された。
また、スマートフォンのコネクティビティ関連機能も拡張され、Qi規格対応機種の携帯電話を無線充電する「ワイヤレスチャージング機能」を全車標準装備されている。
 

【メーカー希望小売価格(消費税込み)】

・A 180:3,220,000円(消費税抜き車両本体価格:2,981,482円)
・A 180 Style:3,620,000円(消費税抜き車両本体価格3,351,852円)
 
メルセデス・ベンツ Aクラス 関連情報
メルセデス・ベンツ 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します