現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 名門ブランド存続を願って。5ナンバーサイズの小粋なイタリアン・トールワゴン「ランチア・ムーザ」は小さな高級車だ

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.18

名門ブランド存続を願って。5ナンバーサイズの小粋なイタリアン・トールワゴン「ランチア・ムーザ」は小さな高級車だ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋が日に日に深まっていく10月。ドイツの広葉樹はすっかり色づいて、道を落ち葉が埋めるようになりました。首都ベルリンの秋は荒れた天気になることが多いですが、今年は例年になく安定した晴天が続いています。落ち葉を踏みしめつつ、カラッと乾いた気持ちいい空気の中を歩いていると、一台のちょっと懐かしいクルマに出会いました。

今回は、そんな秋のお出かけシーズンにぴったりのエレガントなトールワゴン、ランチア・ムーザを紹介します。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

文芸の女神たちが命名の由来

ランチア・ムーザはイタリアの名門・ランチアがかつて製造・販売していた小型のトールワゴンです。販売期間は2004年から2012年で、日本ではガレーヂ伊太利屋によって少数が並行輸入されていました。販売価格は300万円前後で、かつ5ナンバーサイズに収まる貴重なヨーロッパ車でしたが、左ハンドルのみということもあり、販売数はあまり伸びませんでした。

ランチア・ムーザ(Musa)の語源になっているのは、ギリシャ神話における文芸を司る9人の女神たちです。英語ではミューズ(Muse)と呼ばれ、音楽(Music)や博物館・美術館(Museum)の語源ともなっています。小柄なトールワゴンにつける名前にしては、かなりロマンチックなモチーフですね。

ベースとなったのは、同じグループ内のフィアット・イデアでした。そこにD.F.N(Dolce Far Niente=無為の楽しみ)と呼ばれるセミオートマチックミッションや、ランチア伝統の本革やアルカンターラをふんだんに使った内装を組み込み、プレミアム・コンパクト・トールワゴンとでもいうべき独特の立ち位置を持つクルマに仕立て上げられています。ライバルはメルセデス・ベンツ・Aクラスやシトロエン・C3ピカソといったところでしょうか。

コンパクトな車体に上質な内装を備える

搭載されるエンジンは1.4リッターのガソリンエンジンが2種類、1.3リッターから1.9リッターまでのディーゼルエンジンが4種類で、ディーゼルエンジンモデルを主力としていました。組み合わせられるミッションは先述のD.F.N(5速セミオートマチック)と5速マニュアルで、全長約4メートル、全幅は1.7メートルを切る小型のボディを引っ張ります。

上質な内外装を持つコンパクトカーは古くからヨーロッパ車の得意とするところですが、5ナンバーに収まるサイズのトールワゴンでここまで高品質なインテリアを備えた車は、国内外問わずなかなか見当たらないのではないでしょうか。遮音材を惜しまず使用した室内は静粛性に優れ、オプションではボーズによるサウンドシステムも準備されていました。

ルーフはリアシート上まで続くグラスルーフとなっていて、フロントはチルトアップ付き電動サンルーフとかなり豪華な仕様。トールワゴンスタイルのおかげで室内は広く明るく、ロングホールベースによる恩恵で、ロングドライブでも疲れ知らずの直進安定性を確保していました。

ブランドの存亡危機にさらされているランチア

このように、クルマの出来は決して悪いものではなく、その独特の立ち位置で一部に熱心なファンを持つクルマでしたが、後継車が発表されないまま2012年に生産を終了。2018年現在ではランチアのブランドそのものが存続の危機にさらされています。ラインナップはランチア・イプシロン1車種のみで、かつイタリア国外での販売も終了してしまいました。

フルビア、ストラトス、037ラリー、デルタといったラリーで活躍した名車たち。1950年代のF1における活躍。あるいは、国家元首の公用車として使用されてきた歴史。そうした実績を踏まえると、このままランチア・ブランドが消滅するのはあまりにも大きな損失だ、と考えるのは筆者だけではないでしょう。近年のマセラティやアルファロメオの華麗な復活を見ていると、ランチアにも再び注目が集まる日が来ることを願わずにはいられません。

[ライター・カメラ/守屋健]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CL 守屋 健)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ama*****|2018/10/18 06:42

    違反報告

    日本ではデルタなどのラリースポーツのイメージが突出してますが
    普通の仕立ての良い上質なセダンに惹かれます。
    かってカッパを所有したことがあります。(知ってる人がどれだけいるやら 笑)
  • geb*****|2018/10/18 07:07

    違反報告

    10年以上前、これ買おうと思って店行ったが結局イプシロンにしました(まだ乗っています)。雑誌などでは、よく「イプシロンの4ドア版」と書かれていましたが、それぞれ別々のクルマです。ムーザはフィアット・イデアを微改造して仕立てたものだけど、カタログは今見てもうっとりするくらいオシャレ。3か月前、たまたまムーザを運転する機会があったのですが楽しかったですよ。マニュアル車なら十分速い。左ハンドルなのは欠点というより魅力のひとつと思ってもらえれば...
  • pla*****|2018/10/18 06:55

    違反報告

    ガソリンが高騰しているから
    ディーゼル車が欲しいが
    2012年に販売中止じゃ残念ですな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します