現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル・レヴォーグSTI SportとアウディA4アバント。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.7

スバル・レヴォーグSTI SportとアウディA4アバント。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ステーションワゴンというと現在は希少な存在だが、広い荷室だけが魅力ではない。例えば、SUVやミニバンよりも低い車高は機械式立体駐車場の利用でき、重心の低さは走りの安定性にも貢献するなど、様々なメリットがある。そんなワゴンの美点を磨き上げた「スバル・レヴォーグSTI Sport」と「アウディ・A4アバント」を比べてみた。

 「スバル・レヴォーグ」が登場したのは2014年。日本専用モデルとして販売された(現在は海外でも販売)。とくにボディサイズは日本の道路事情に合わせられ、全幅は1780mmとする一方で、荷室はゴルフバッグを真横に4セット置けるほどの容量が確保されていた。パワートレーンは1.6Lターボと2.0Lターボの2種類。駆動方式は全車4WDを採用。スバルでお馴染みのEyeSightも全車に装備される。STIチューニングが施されたビルシュタイン製の足回りを備えて走行性能を高めた「STI Sport」も用意されている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 「アウディ・A4アバント」はセダンをベースに、最大で1510Lまで拡大できる荷室を有するワゴンだ。現行モデルは16年4月に日本での販売を開始。アウディらしい精悍なルックスはそのままだが、MLB evoと称する新プラットフォームを採用し、先代よりも最大120kg軽量化するなど中身は大幅に刷新された。パワートレーンは1.4L直4ターボと2.0L直4ターボを搭載し、駆動方式はFFもしくは4WDとなる。

 まずは、全体のサイズ比較から。

レヴォーグ1.6STI スポーツアイサイト 全長×全幅×全高:4690×1780×1490mm ホイールベース:2650mm ミラーtoミラー:1995mm

レヴォーグ1.6STI スポーツアイサイト
全長×全幅×全高:4690×1780×1490mm
ホイールベース:2650mm
車重:1560kg
エンジン:水平対向4気筒DOHCターボ
最高出力:170ps(125kW)/4800-5600rpm
最大トルク:250Nm(25.5kgm)/1800-4800rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:4WD
最小回転半径:5.5m
JC08モード燃費:16.0km/ℓ
車両本体価格:348万8400円

A4アバント2.0TFSIクワトロ 全長×全幅×全高:4735×1840×1455mm ホイールベース:2825mm ミラーtoミラー:2020mm

A4アバント2.0TFSIクワトロ
全長×全幅×全高:4735×1840×1455mm
ホイールベース:2825mm
車重:1630kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ
最高出力:252ps(185kW)/5000-6000rpm
最大トルク:370Nm(37.7kgm)/1600-4500rpm
トランスミッション:7速DCT
駆動方式:4WD
最小回転半径:5.5m
JC08モード燃費:15.5km/ℓ
車両本体価格:626万円

ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

レヴォーグ1.6STI スポーツアイサイト 室内長×室内幅×室内高:2005×1490×1205mm

A4アバント2.0TFSIクワトロ

レヴォーグ1.6STI スポーツアイサイト

6対4分割可倒式のリヤシート背もたれは、ラゲッジサイドのスイッチでワンタッチで倒せる。開口部から段差がなく使いやすい。

A4アバント2.0TFSIクワトロ

車体全高は低いが、開口部はレヴォーグよりも高い。リヤシートバックを倒した最大時に荷室の床面は斜めになるのが残念。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します