現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スーパーカーの2大巨頭! フェラーリとランボルギーニはどっちが買いか

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.6

スーパーカーの2大巨頭! フェラーリとランボルギーニはどっちが買いか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新車ならスーパーカーの文法を守っているランボに軍配!

「もしも買うなら……フェラーリとランボルギーニはどちらが買い?」

    【500ps超え】スーパーカー並のスペックを持つ超荒削りな中華SUVに乗った

 本当に欲しいと思っている人は、迷うことはないだろう。こんな質問をしてくるのは、本気で買おうとは思っていない野次馬だけだ(断言)。もちろん「うおおおお、両方欲しいぞ!」と思っている人も多いが、モノには順序というものがある。人それぞれ、いま自分が欲しい、買いたい、買えるクルマは、フェラーリなのかランボルギーニなのか、それがわからずに迷っているという人は滅多にいない。

 日本では、フェラーリもすごいクルマだが、ランボルギーニはもっとすごいクルマだと考えられている。だから、まずフェラーリを買ってからランボルギーニ、という例が多い。

 かくいう私は、中古フェラーリを8台乗り継いだあと、中古のカウンタック・アニバーサリーに半年乗って、すぐフェラーリに復帰。これまでの合計でフェラーリ11台、ランボルギーニに1台に乗っているが、そのすべてを購入した『コーナーストーンズ』の榎本 修社長によると、「ランボルギーニからフェラーリに戻ったお客さんは、清水さんただひとりです」とのことである。フェラーリ崇拝派である私はその言葉に強い衝撃を受けたが、フェラーリよりランボルギーニのほうがより高い山であり、フェラーリに続いてランボルギーニを買うというのが、通常のコースなのだ。

 とくに中古車の場合、近年はランボルギーニよりフェラーリのほうがはるかに価格帯が低く、平均的な年収の人でも、頑張れば買えるギリギリの線にある。

 たとえばフェラーリ348系なら700万円くらいから買えるが、カウンタックは最低2500万円くらい。ディアブロも同じようなものだ。もっとも安いランボルギーニは、初期もののガヤルド eギア仕様(セミAT)で1000万円を切っているが、同じガヤルドでもLP570-4だと2000万円前後。シザースドアのV12モデルは軒並み2000万円オーバーで、カウンタックLP400のような希少なクラシックモデルは億を超える。

 もちろんフェラーリにも、億を軽く超えるモデルはいろいろあるが、しかしそれでも1000万円前後で買えるクルマ(328、348、F355、360などのV8ミドシップモデルが中心)はそれなりにあるので、平均すれば、フェラーリはランボルギーニの半額くらい(中古価格です)という感じになる。「どっちにしようかな~」と迷える人なんて、そんなにいない。

「中古の話なんか聞いてないよ。新車だったらどっちがいいの?」

 そう仰る富裕層もいらっしゃるだろうが、現行モデルの新車なら、断然ランボルギーニが買い。アヴェンダドールかウラカンをおすすめする。なぜならこの2モデルは、今でも「大排気量自然吸気ミドシップ」という、もっともわかりやすいスーパーカーの文法を守っているからだ。

 対するフェラーリは、458から488への移行でV8エンジンはターボ化され、V12モデルは以前からFR。現行モデル同士を比べたら、ランボルギーニのほうがはるかにスーパーカーらしい超絶感に満ちている。それに比べたら現行フェラーリは乗用車だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 永福ランプ(清水草一))

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します