現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMWが新たな販路開拓目指し、テレビ通販でi3を10台限定販売

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.28

BMWが新たな販路開拓目指し、テレビ通販でi3を10台限定販売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMWは、テレビ通販大手のショップチャンネルの生放送番組上で、同社の電気自動車「i3」を販売すると発表しました。販売台数は10台限定で、放送日は11月24日(土)の10時から11時となる予定です。

国内マーケットでBMWの車両がテレビ通販に登場するのは今回が初めてで、またショップチャンネルが電気自動車を紹介するのも、初めての試みとなります。

    BMW i3がマイナーチェンジ スポーティな新バリエーションも

販売されるi3は、発電用エンジンを搭載するレンジ・エクステンダー装着車のベーシックグレード「Atelier(アトリエ)」で、アクティブ・クルーズ・コントロールや全車接近警告、衝突回避・被害軽減ブレーキといったドライバーアシスト機能をはじめ、お得なオプションを多数装着して提供されるとのこと。

その詳細な内容や、価格については生放送の番組内での発表となるそうですが、ショップチャンネル限定のスペシャルオファーが用意され、「魅力的な価格で提供予定」とのことでした。尚、ボディカラーは紺、赤、白の3色となります。

しかし実際には、オプション込み定価600万円以上の車両本体を、生放送の番組内で販売するわけではありません。販売するのは、頭金として充当できる「購入クーポン」で、クーポン購入後は、担当ディーラーの営業による説明を受け、試乗などを行った上で、最終的な車両の購入契約を行うこととなります。

今までも自社のオンライン販売や、Amazon、コストコなど、新しい販売方法で幅広い顧客層にアプローチする試みを行ってきたBMW i3。今回の試みは、ディーラー店舗やオンラインではアプローチしづらかった40~60代の女性が、ショップチャンネルの主要ターゲットという点も、取り組むきっかけのひとつとなったそうです。

生放送には、日本国内で最もiシリーズを販売している営業マンである田中氏が登場して、走行可能距離や充電時間、電気代や充電施設、エコ性能などについて、1時間じっくりと電気自動車i3をプレゼンするとのこと。

そうは言っても、たった1時間で定価600万円台の車両が、10台も売れるのかと心配になりショップチャンネルの担当者に質問したところ、当初は20台の予定だったのが、放送後、納車までスムーズに顧客対応可能な台数ということで、10台限定に落ち着いたとのことでした。

ショップチャンネルでは、年間1000万円以上をテレビ通販で使うユーザーも少なからずいるそうで、且つBMWではi3を普段運転している半数以上が女性との認識もあり、10台は現実的な数字という見立てのようです。

11月24日(土)の生放送での電話の鳴り具合がどうなるか。電気自動車が、本当にテレビ通販で売れるのか。当日のオンエアを待ちたいと思います。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • fwh*****|2018/09/28 08:26

    違反報告

    いまならさらに3シリーズもついてお値段そのままとか。
  • oku*****|2018/09/28 13:27

    違反報告

    EVが家電だという本質をついた販路だね。
    自動車メーカーの造るEVなら安全性の心配は無いしね。
    将来的には安物のEVは中国辺りの初めてクルマを造るなんていうメーカーが現れてくるんだろうね。日本で売れるかは別として世界では安ければ売れるという国も有るでしょ。
  • ver*****|2018/09/30 15:28

    違反報告

    5年くらい前にジャパネットたかたが、i-mievをテレビ通販で販売して、完売したことがあったから、新鮮さは感じないなぁ…。
    あのときも、電気自動車は家電っていうフレーズがあったような…。

    金利手数料ジャパネット持ちだったらすごかったのに。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します