現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ高級ミニバン市場はヴェルファイア&アルファードが一強なのか

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今は新車として売られるクルマの約37%を軽自動車が占めており、「価格の高い大きなクルマは売れない」といわれる。

 ところがトヨタのアルファード&ヴェルファイアは別格だ。全長が4900mm、全幅は1800mmを軽く超えて、売れ筋グレードの価格は370~500万円だが、販売は好調だ。2018年上半期(1~6月)の登録台数を1か月平均にすると、トヨペット店の扱うアルファードは4568台、ネッツトヨタ店が売るヴェルファイアは3781台に達した。この台数はトヨタパッソやハリアーと同程度だ。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く