現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型 BMW「F750 GS/F850 GS」が登場 あらゆるシーンで高い走行性能を実現

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.8

新型 BMW「F750 GS/F850 GS」が登場 あらゆるシーンで高い走行性能を実現

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■パワフルでオールマイティな性能を備えた新型BMW「F750 GS/F850 GS」

 ビー・エム・ダブリューは853ccの水冷並列2気筒エンジンを搭載した「F750 GS」および「F850 GS」を11月16日より販売開始します。オン・オフ問わず、あらゆるシーンで安定した走りを実現するBMWのGSシリーズは、同社を代表するアドベンチャー・モデルです。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 両モデルに共通して搭載された853ccのエンジンは、「F750 GS」で77PS/7500rpm、「F850 GS」では95PS/8250rpmというパワフルな特性で、ツーリング性能に特化しつつも高いオフロード性能も兼ね備えたものとなっています。

  エンジンでは新たに採用された2本のカウンターバランス・シャフトによって、不快な振動を打ち消すとともに、『アンチ・ホッピング・クラッチ』によってクラッチ操作に必要な握力を可能な限り軽減。  デザインにおいては、両モデルとも現代的に洗練しつつよりダイナミックで力強いものとされており、流れるような印象を与えるGSらしいスタイルをベースに、左右非対称にデザインされたLEDヘッドライトを採用することでBMWらしい存在感を強調しています。

 また、全車標準の「Rain」(レイン)と「Road」(ロード)に加え、「スタンダード」と「プレミアムライン」には走行状況に応じて「Dynamic」(ダイナミック)と「Enduro」(エンデューロ)のふたつのドライビング・モードを採用。

「F850 GS」にはさらに「Enduro Pro」(エンデューロ プロ)モードとBMW Motorrad ABSおよびASC(オートマチック・スタビリティ・コントロール)が備えられています。

 ETC 2.0車載器を標準装備した両モデルは、BMW「R1200 GS」および「R1200 GS Adventure」にはすでにオプション設定されている、6.5インチTFTカラーディスプレイをオプションで装備することも可能で、スマートフォンなどの電子機器をBluetoothで接続できます。

 価格(消費税込)は、「F750 GS」が129万6000円から154万4000円、「F850 GS」が154万1000円から178万9000円で、それぞれのモデルに『ベース/スタンダード/プレミアムライン』の3タイプが用意されています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します