現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 東京オートサロンで話題となった「S660 Neo Classic」にできるキットが商品化

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.31

東京オートサロンで話題となった「S660 Neo Classic」にできるキットが商品化

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■多くのユーザーからの声に応えるべく実現されたカスタマイズ・キット

 株式会社ホンダアクセスは、2シーター・オープンスポーツのS660をベースに、外装や灯火類などを組み替え、クラシカルなスタイリングにカスタマイズできる「S660 Neo Classic KIT」を 9月21日に株式会社ホンダユーテック オートテラス店3店舗にて発売します。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 未塗装のFRP製外装部品と灯火類などで構成せれるこのキットは、装着するベース車両に合わせた塗装を行った上で、各パーツを組み替えることでカスタマイズカーとして完成します。

 ホンダユーテックでは「S660」の中古車をベースに部品の装着と塗装を行ない、ホンダ認定中古車「S660 Neo Classic」として販売します。また、既存のS660ユーザーが自身の愛車を持ち込みに、ホンダユーテックの手で「S660 Neo Classic」にカスタマイズすることも可能です。

 このプロジェクトは、は2016年1月に開催された東京オートサロン2016にホンダアクセスが 「N Lab.」(エヌラボ)として出展した「S660 Neo Classic Concept」がベースとなっていますが、多くのユーザーから好評を得たため、中古車装着を想定したパーツキットとして商品化が実現されたものとなっています。 

 価格(消費税込)は、129万6000円となります。(価格には車両本体・取付費・塗装費は含まれません)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します