現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いまでも人気が高い S15型「シルビア」 最終型は日本初の電動メタルトップも

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.29

いまでも人気が高い S15型「シルビア」 最終型は日本初の電動メタルトップも

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■5ナンバーサイズに戻し精悍になったシルビア

 石原慎太郎氏が東京都知事になり、『ノストラダムスの大予言』で世界が終わると戦々恐々した1999年、7代目「シルビア(S15型)」がデビューしました。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 先代のシルビアではボディサイズを大型化したことにより不人気といわれていましたが、7代目「シルビア」ではその反省を活かし、全長や全幅をダウンサイジングしました。グレード名称も5代目や6代目で用いられた「Q’s」「K’s」から、走りを意識した「スペックS」「スペックR」という呼び名に変えて硬派なイメージを高めました。

 全幅の縮小によって7代目「シルビア」は再び5ナンバーに戻りました。1730mmから1695mmへ35mmほどの縮小です。しかし、見た目には大幅に小さく締まったように見えるのは、デザインの力といえます。

 7代目「シルビア」は、ヘッドライトを吊り目にして側面に周り込むようにし、シャープな印象にしたことが大きな特徴です。車幅は小さくなりましたが、リアフェンダー周りのデザインを工夫し、さら迫力を増しています。

 シャシは先代と大きく変わらず、エンジンも5代目「シルビア(S13型)」の途中から直列4気筒2.0リッターの『名機』SR20DE/SR20DETと変わっていません。しかし、改良は施されており、ターボ付きMT車では最高出力が250PSと5代目の205PSから大幅に強化されています。また、6速MTがラインナップされたことも時代の流れに沿った進歩のひとつです。

■国産車初の電動開閉メタルトップを備えた「ヴァリエッタ」

 硬派な走り屋向けの演出をした7代目「シルビア」は、5代目(S13型)からの正常進化といえるクルマです。その一方で、「ヴァリエッタ」という『華』が加えられました。

 2000年5月に追加された「ヴァリエッタ」は4シーター・オープンカーです。ただし、それまでの幌の屋根と違い、金属製の素材を使用した国産車初(フルオープン車)となる電動開閉メタルトップになっています。閉じておけばクローズドボディと同じ感覚ながら、屋根を開けば幌のオープンカーと変わりない開放感が楽しめ、幌の露出がないスタイリッシュな外観となっていました。

 電動開閉メタルトップは、2001年4月にプジョー「206CC」が国内導入され、トヨタ「ソアラ」、日産「マイクラC+C」、マツダ「ロードスター」などに採用されるなど、流行した時期があります。シルビアはそれに先駆けていた存在でした。

■シルビアの歴史は排ガス規制の影響で終焉

 7代目「シルビア」は、10代目「スカイライン(R34型)」やマツダ「RX-7」など同様に、新たに施行された排ガス規制の影響を受けて2002年8月に生産終了になりました。

 スカイラインは、RB型からVQ型エンジンに変更して生まれ変わり、マツダ「RX-7」もブランクのあとで「RX-8」に後継されたことに対して、シルビアは残念ながら歴史に終止符を打ちます。

 しかし、新車販売は終了したものの、5代目(S13型)や6代目(S14型)と同様に現在でも多くの個体が現存しています。スポーティな外見と、いまでは貴重な後輪駆動のハイパワー車として、ドリフト愛好家を中心に『走り屋』にいまでも高い人気を誇っています。

 近年では、日産は『スカイライン・ブランド』とは別に『GT-Rブランド』を生み出し、トヨタは『86ブランド』や『スープラ・ブランド』を復活させています。シルビアについても、自動車専門誌などで後継モデルについて幾度となく話題に上がりますが、日産からは公式な声明は出ていません。今後、シルビアの後継モデルが世に出るのか、期待して待つことにしましょう。

※一部内容を修正しました(8月28日10時55分)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュースライター 正田拓也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sup*****|2018/08/29 12:12

    違反報告

    流行りのSUVなんかより、シルビアの後継モデルがラインナップに必要だと思う。
    採算、コスト抜きに86、BRZの対抗馬あればもっと盛り上がるのに…
  • ema*****|2018/08/29 11:53

    違反報告

    5ナンバー枠に戻したのは良かったし、デザイン
    もS14に比べると精悍になってカッコ良かった。
    ただ、S13に比べると、細かい部分で子供っぽ
    いデザイン(リアスポのデザインなど)が目に
    付いたかな。内装も安っぽさが見られた。
    (まあ、造ってた時期が日産の暗黒時代だった
    ので、開発費があまり掛けられなかったらしい)
  • kan*****|2018/08/29 11:34

    違反報告

    比較的安価な2ドアクーペは、メーカーの矜持として残しておいてほしかったが、この頃の日産はそれどころではなかったもんなあ。よくこの時期に出してきたと今になって思う。
    S15は迷走したS14とは違い、スタイリングは美しくなったが、ちょっとスポーツ方向に振りすぎて潜在的購入層だった女性から敬遠されたのが販売にじわりと響いた記憶がある。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します