現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > タイヤ空気圧不足の燃費悪化は「ガソリン7円高」に匹敵!? トラブル増加の背景に「関心の薄さ」

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.8

タイヤ空気圧不足の燃費悪化は「ガソリン7円高」に匹敵!? トラブル増加の背景に「関心の薄さ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■空気圧不足は危険な事故も

 タイヤの空気圧が不足していると、燃費悪化や危険な事故につながることも。空気圧不足のクルマが多いために、タイヤにまつわるトラブルも増加しています。空気圧のチェックや空気の充填を、どのように考えればよいのでしょうか。

    ガソリンとクルマの「相性」はある? ガソリンブランドごとの品質のちがいは?

 タイヤに関するトラブルが右肩上がりで増加しているようです。

 JAF(日本自動車連盟)によると、タイヤのパンクやバーストといった救援依頼件数は2011(平成23)年度に約29万7000件となり、それまで長年にわたり救援依頼内容で2位だった「キーとじ込み」を上回りました。その後も増加を続け、2017年度には年間約39万2000件となっています。

 背景にあるのが整備不良の増加です。JATMA(日本自動車タイヤ協会)は毎年4月に全国で一般ユーザーのタイヤ点検を行っていますが、過去の総点検台数のうち乗用車全体の28.8%、およそ3台に1台が空気圧不足のまま走行していると分析しています。

 空気圧が不足している状態のタイヤは、たわみが大きくなります。これにより走行中の抵抗(転がり抵抗)が増えて燃費が悪化するほか、操縦安定性も低下、タイヤの損傷や劣化にもつながり、危険な事故を引き起こしかねません。「特に高速道路の走行中は、高速回転とともにたわみが繰り返されて異常発熱が生じ、最悪の場合バーストに至ります」(JATMA)とのこと。

 燃費への影響も大きいようです。タイヤの空気圧が適正値より50kPa(キロパスカル/空気圧表示に用いられる国際単位)低いと、市街地で約2.5%、高速道路で約4.8%、燃費が悪化するといます。これは一般財団法人省エネルギーセンターによる実験の結果ですが、JATMAによると、ガソリン代をリッターあたり150円で計算した場合、通常より4~7円高いガソリンを使用しているのと同じくらいの影響があるそうです。

■ちゃんと測らないとわかりづらい空気圧 充填はどうすれば

 とはいえ、実際にはタイヤの空気圧不足をドライバーが目や体で認識するのは、なかなか難しいようです。

 JATMAによると、「大きなタイヤだとたわみが目に見えることもあるのですが、特に最近は、タイヤを横から見た際のゴムの厚みが小さい偏平タイヤが増えており、見た目にも、乗っていても変化がわかりづらくなっています」とのこと。たとえクルマに乗らなくても、タイヤの空気は自然に抜けていくので、月1回はエアゲージを用いて空気圧をチェックしてほしいと話します。

 では、適正な空気圧の把握や、空気の充填は、どのようにすればいいのでしょうか。

 多くのクルマでは、運転席ドア付近や給油口、あるいは取扱説明書などに、そのクルマに使用されているタイヤの指定空気圧が表示されています。JATMAによると、たとえば220kPaとあった場合、その数値を下回らないようにしないといけないといいます。指定空気圧ちょうどではなく、プラス20kPaまでの範囲で充填するのがよいそうです。

 ここで注意すべきは、タイヤが熱くなった状態では空気が膨張し、正確な空気圧を測れないということ。空気圧チェックは走り出す前、タイヤが冷えた状態で行うことが望ましいそうです。ただ実際には、ガソリンスタンドなどに行って空気圧チェックや充填を行う人も多いでしょう。その場合も自宅から直行するなど、なるべく走行距離を短くしたほうがよいのかもしれません。

■そもそもなぜこんなにタイヤトラブルが増えている?

 タイヤに関するトラブルが増えていることについて、JAFなどでは、セルフ方式のガソリンスタンドが増加し、店員にタイヤの空気圧を点検してもらう機会が減ってきていることがひとつの原因だと分析しています。ただ、一概にそうと断定はできないません。ガソリンスタンド以外でも、タイヤ空気圧のチェックや空気の充填は行ってくれます。

 JATMAでは毎年4月にウェブアンケートを行うなかで、「エアゲージを使用したタイヤの空気圧点検は、主に誰がおこなっていますか」という質問項目を設けています。2014年の回答結果では、多いほうから「ガソリンスタンドスタッフ」38.0%、「ドライバー本人及び家族」24.0%、「カーディーラー」17.5%という順番でした。

 ところが2018年は、「ガソリンスタンドスタッフ」33.4%、「カーディーラー」23.9%、「ドライバー本人及び家族」が21.7%となっています。年によってばらつきはあるものの、「カーディーラー」の割合が増え、ドライバーや家族がこれを行う割合が減っている傾向が見られます。

 JATMAによると、こうしたウェブアンケートなどの結果から、そもそも「タイヤの指定空気圧を知らない」ドライバーが47%と、全体の半数近くを占めているとしています。一般的に推奨されている1か月に1回の頻度でタイヤの空気圧点検を行っている人は約3割に留まるとか。空気圧チェックを「誰が行うか」という点も変化していますが、そもそも、タイヤ空気圧への関心が低い状況にあると認識しているそうです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yot*****|2018/08/08 10:35

    違反報告

    空気圧もそうだけど訳のわからん銘柄のタイヤ装着するのも怖い
  • non*****|2018/08/08 10:30

    違反報告

    月に1回空気圧チェックする人が3割もいるかねぇ…タイヤの変形、異常磨耗などほとんどの原因に空気圧が絡むんだけどねぇ。
  • qqq*****|2018/08/08 10:41

    違反報告

    最近セルフスタンドに増えてきた
    数値を入力すると勝手に止まってくれる
    新型の空気入れは簡単便利。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します