現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新生「日産GT-R(R35)」はスカイラインとは別の道へ スーパーマシンへの歩み

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.5

新生「日産GT-R(R35)」はスカイラインとは別の道へ スーパーマシンへの歩み

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■スカイラインの名が付いていない「GT-R」

 2007年12月、新生「GT-R(R35)」の販売が開始されます。開発発表から7年、モーターショーで公開してから6年の月日が流れての登場です。この新生「GT-R(6代目)」からは『スカイラインのいちグレード』ではなく、独立した「GT-R」という車種名になりました。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 新生「GT-R(6代目)」は、初代「スカイラインGT-R」から数えると6代目という言い方もできます。車両形式も「R35」となっているほか、外見の丸型テールランプが何よりの「スカイライン」から継続したモデルであることを主張しています。

 一方で、これまでの「スカイラインGT-R」の伝統である直列6気筒エンジン、マニュアルトランスミッションを廃止しました。新しいV型6気筒3.8リッターエンジンに2基のターボでハイパワー化したVR38DETT型エンジンを搭載、6速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)を介して4つのタイヤを駆動します。4WDの駆動方式は、3代目「GT-R(BNR32)」から続く後輪を駆動しながら電子制御で前輪の駆動力を可変するタイプです。

 新生「GT-R(6代目)」の6速DCTは、運転操作だけ見ればオートマチック車と同じで、アクセルとプレーキ操作のみで走行ができます。

 デュアルクラッチの名前のとおり、クラッチとギアが2組あり、ギアの段数に合わせて交互に使うため、変速時の駆動力の途切れが少なくなり、途切れない加速を実現します。以前からあるトルクコンバーター方式のオートマチックトランスミッションと違ってエンジンとタイヤの直結感も高く、スポーツ走行に向いています。

 世界的なスポーツカーやスーパーカー傾向でもありますが、もはや千分の1秒単位で速く走るためにはマニュアルトランスミッションでは対応ができず、DCTなどクラッチと変速操作を機械に任せることが主流です。

 オートマチック車は、以前ならクラッチ操作ができない人向けのマイナスイメージで語られることがありましたが、人が操作できないほどの早い変速操作を行なうためには、機械に操作を助けてもらうことが不可欠という時代になっています。

 新生「GT-R(6代目)」も楽しく走るクルマというよりも速く走るためのマシンという車種の性格からすれば、より速く走るために、6速DCTの搭載は必然だったといえます。

■高性能マシンゆえの制限からのレース

 高性能スポーツカーといえば、タイヤやホイールをはじめ、カスタマイズすることも楽しみのひとつとなっていますが、新生「GT-R(6代目)」では専用タイヤやホイールでないとメーカー保証がないというが特徴です。

 また、早い速度が出せないよう『速度リミッター』の制限をしています。搭載されているカーナビで認識されたサーキットでしかリミッターを超える速度が出ないようになっています。

 また、レースカテゴリでは、市販車仕様と異なるエンジンや駆動方式となり、全く別のクルマといえます。駆動方式は4WDから後輪駆動。エンジンは「4.5リッターのV型8気筒エンジン⇒3.4リッター⇒2リッター直列4気筒直噴ターボエンジン」と変更されています。

 現在の「GT-R(6代目)」は、2007年の登場から10年以上経過しています。通常であればモデルチェンジを施す期間ですが、「GT-R(6代目)」は、新技術の投入などでクルマの魅力を高める日々進化しています。

 登場当初は、VR38DETT型エンジンの最高出力480PSでしたが、現在は570PS(2018年7月現在)。レース車用仕様のターボを搭載するNISMO専用チューニング仕様では600PSと高出力化しています。

 改良点は、エンジン出力だけでなくシャシなど多岐にわたっており、登場当初のモデルよりも速く、安全・快適に走行ができるようになっています。

 2018年は、GT-Rとイタルデザイン社の50周年を記念した「Nissan GT-R50 by Italdesign」を発表。次期型「GT-R」ではなく、イタイルデザイン社が開発、設計、製造を手がけるものとなります。これは将来的に台数限定で生産する可能性があるとしています。

 今後も暫くは「GT-R(6代目)」のまま、進化していくと予想されます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュースライター 正田拓也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します