現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > EV&PHEVオーナーが集う「ジャパンEVラリー白馬」、5年目はアベレージラリー開催

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.21

EV&PHEVオーナーが集う「ジャパンEVラリー白馬」、5年目はアベレージラリー開催

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第5回「ジャパンEVラリー白馬2018」が2018年9月1日(土)~9月2日(日)、電力の97%をCO2フリーの水力によって発電している、長野県白馬村を舞台に開催される。

「ジャパンEVラリー」はEVとプラグインハイブリッド車のオーナーが全国各地から集結し、語り、学び、遊び、親交を深め、EVの普及を願って解散するというイベント。充電設備の普及によって遠方へのドライブにもEVは使えるということや、クリーンで静かなだけではなく、ドライブが楽しく疲れない自動車であることなどをアピールするために開催されている。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

今回の開催では昨年好評を得た白馬東急ホテルでの懇親会とシンポジウムはそのままに、EVラリーのゴールも白馬東急ホテルに移している。
また新開催イベントとしてアベレージラリー「村男III世カップ」を開催。Hakuba47スキー場を拠点にコマ地図を見ながら白馬村周辺のコースを巡る、初心者でも楽しめる、しかしちょっと本格的なラリーとなっている。

【イベント詳細内容/スケジュール】

●2018年9月1日(土)(会場:白馬東急ホテル)
・EVラリーゴール 11:00~14:00
 ※ゴール後は車両ごとに記念撮影あり
・シンポジウム『災害時におけるEVの給電機能について考える(仮)』 15:00~16:30
・EVラリー懇親会ビュッフェパーティ 18:00~21:00

●2018年9月2日(日)(会場:Hakuba47)
・EVチャレンジ!アベレージラリー「村男III世カップ」 8:30~12:30
・アベレージラリー表彰&白馬ぶた網焼きBBQランチ 12:30~14:30
・白馬 COOL CHOICE・親子電気レーシングカート組立体験&試乗 14:30~16:00

【募集要項】

●参加資格:EV・プラグインハイブリッド車に乗って参加のこと。レンタカーも可。
●参加費:1台につき2万2500円(日本EVクラブ会員は2万円)
 ※9/1(土)のフリードリンク付きビュッフェパーティ代と9/2(日)のBBQランチ代(それぞれ1人分)、アベレージラリー参加費、記念Tシャツ(1枚)、ステッカー等のお土産付き
 ※同伴者は別途パーティ代1人7500円(小学生以下はお子様ディナープレート飲み物付き1人4000円、中学生以上は大人扱い)、BBQランチ代1人3000円(子供料金の設定なし)が必要
●参加申込:事前申込が必要
 申込ホームページ

ジャパンEVラリー白馬2018
日本EVクラブ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します