現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > この先「冠水」、いまのクルマは走り切れる? 多発するゲリラ豪雨、急な冠水時等どうすれば?

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.2

この先「冠水」、いまのクルマは走り切れる? 多発するゲリラ豪雨、急な冠水時等どうすれば?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■自動車メーカーは「深い水たまりは避けて」

 近年はいわゆる「ゲリラ豪雨」など、短時間のうちに甚大な影響をもたらす気象災害が増加していますが、道路においてこの影響を受けやすい構造のひとつに、鉄道などをくぐるアンダーパス部分があります。雨水が集まり冠水しやすいことから、前後の区間ではこれに注意を促す看板が設けられていたり、規定の水位に達した場合に通行止めとされたりすることがあります。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 九州地方のとある道路管理者は以前の取材時、アンダーパスには雨水を排水する機構があるものの、短時間の急激な雨で排水が追い付かず、進入したクルマが立ち往生するケースがあると話していました。同管理者は管内のアンダーパス入口に、水位に応じて作動する道路遮断機を新設したのですが、それまでは、水位計の信号を受け取った担当者が現場に駆けつけ、水位を確認してから通行止めの措置をしていたといいます。

 つまり、冠水して通行止めになるまで時間がかかる場合があるということです。このような場面に出くわした場合、どうすべきなのでしょうか。

 ホンダは、「冠水路などの深い水たまりは走行しないようにと、取扱説明書などにも記載しています。エンジンや駆動系などの破損につながる恐れがあるためです」と話します。ただ、車種によってもエンジンやマフラー設置位置の地上高といった条件が異なり、水のかぶり方も状況によって異なるため、具体的に何cm以上などとは明記していないといいます。

■JAFが実車で冠水路走行テスト その結果は…

 JAF(日本自動車連盟)は2010(平成22)年に、実車を用いた冠水路走行テストを行っています。このときは、セダンタイプのトヨタ「マークII」、車高の高いSUVタイプの日産「エクストレイル」の2車種が用いられ、最大60cm冠水したアンダーパスを模したコースへ10km/hで進入した場合と、30km/hで進入した場合とで比較されました。

 冠水路に入ってすぐ、水深30cmの段階では、両車とも走行が可能でしたが、セダンにおいては、30km/hでは巻き上げる水の量が多くなり、エンジンルームに多量の水が入ったそうです。そして、水深60cmになると、セダンは途中でエンジンが停止してしまいました。

 一方、SUVでは水深60cmでも10km/hならば走り切ることができましたが、30km/hで進入した際には、エンジン下部に多量の水が入りこみ、エンジンが停止しています。エンジンが停止した原因は、エアインテーク(空気の取り入れ口)を通してエンジン内部に水が入ったためとされましたが、マフラーにも多量の水を含んで排気ができなくなっている状態でした。たとえ水深が低い場合でも、速度によって水の動きが異なることもあり、いつ停止してもおかしくない状態だったかもしれません。

 ちなみに、前出の新型道路遮断機が設置された九州地方にあるアンダーパスでは、通行止めを行うアンダーパス内の基準水位は20cmとされていました。総務省の資料によると、通行止めとする水位の基準は道路管理者ごと、あるいは現場や気象条件によっても異なり、たとえば中部地方整備局管内では10cmから20cmと回答しているケースが多いものの、「現場の状況により判断」と回答した管理者も3分の1程度を占めています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します