現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産 座間事業所のヘリテージコレクション見学ツアー参加者を募集中

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.1

日産 座間事業所のヘリテージコレクション見学ツアー参加者を募集中

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車は神奈川県にある座間事業所内に、日産の歴史を物語る車両を集めた「NISSAN HERITAGE COLLECTION」を開設している。第二次世界大戦後に発売されたオースチンや、プリンス自動車の先駆けとなった電気自動車たま号、R380やGT500マシンといったレーシングカー、モーターショーを飾ったコンセプトカーまで、さまざまなモデルをここでは実際に見ることができる。

そのヘリテージコレクションを見学するためには、事前の申し込みが必要となる。見学テーマは日産80年の歴史・技術の歴史・デザインの歴史などが用意されていて、見学日によってテーマが変わるようになっている。見学内容はビデオ上映と説明(約20分)、ガイド形式での記念庫見学(約25分)、自由時間(45分)、アンケート記入(5分)で、見学代金は無料。見学時間は10:00~12:00と14:00~16:00でそれぞれ定員は40名。夏休みの自由研究のテーマにもなるため、家族連れでの見学というのも楽しいだろう。見学可能日時やテーマの確認と申し込みは専用ホームページから行なえる。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露



また、この日産ヘリテージコレクションに保存されている車両をWeb上で見ることができる、オンライン・ヘリテージコレクションも用意されている。こちらではさまざまな特集ページが用意されているほか、スクリーンセーバーやブログパーツなども用意されているので、確認してみてほしい。

日産 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kan*****|2018/07/01 21:21

    違反報告

    整然と日産車ばかりが並ぶ風景は壮観だが、これだけの貴重な車両を無料で見せるとはもったいないと思う。海外から来るクルマ好きなら、喜んで入館料を出してくれるだろうに・・・
    見学するのも予約で、1日80名限定、1月に約10日ほどしか公開しないとは敷居が高い印象を与えているね。そういうお役所的なところがかつての日産的なのだが、それじゃあダメだろう。
    展示車両そのものは十分お金を払って見る価値のあるものばかりなので、常設の博物館として生まれ変わることを期待したい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します